So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
学童保育 ブログトップ
前の10件 | -

学童の仲間の送別会 [学童保育]

日曜日は7月末でお引越しのため学童を対処する仲間の送別会でした。中2と小4の姉妹で、上の子は海ちゃんと同学年で仲良くしてきた家族です。
4年生の子達が集まる送別会だったのですが、中2メンバーおよび家族も声かけていただき、ありがたく参加させてもらいました。

わたしは車じゃないと学童までいけないし、学童せまいし、どうしようか悩んだのですが、やっぱりみんなの顔見たほうが元気になるかと思い参加させてもらいました。
思ったとおり、行ってよかったです。

最初は指導員さんと子どもたちの様子を見守りながらおしゃべりしていました。
先月の地震、今回の大雨による避難勧告と、この古い学童の建物では児童を預からないほうが安全な事態が連続して起こり、そんな中でも仕事に行かなければならない保護者がいる以上学童は開所すべきではないかという思いを持ちながらも、実際この学童の建物に子どもを集めることの危険は十分すぎるほど理解でき、どこか安全なところで子どもたちを預かれないものかと真剣に悩んでいた指導員さんの話を聞いて、本当に素晴らしい指導員さんに恵まれていることを改めて感じました。

ただ、指導員さんのそういう思いは嬉しいけれど、震度5以上の地震があったときや避難勧告発令時という外に出ること事態が危険なときにどうしても仕事に行かなければならな保護者の対応としては、学童として預かり場所を確保することよりも、同学年・ご近所の保護者同士が助け合えるような関係づくりを日ごろから行っておくことのほうが大事なような気がします。
「助けてほしい」といえない人がいない人間関係があれば、学童が開所していなくても、非常事態を乗り切れるのではないかと。そういう人間関係を学童を通して作ることができれば、それは非常時に開所できなくても学童としての役割を果たしているのではないかと思う、という話をしました。
でもそれは、保護者会の中で呼びかけることで指導員さんから呼びかけることじゃないよね、と言ったら、指導員としては学童の中で学年ごとのイベントを設けてそれに保護者がかかわりあうような場を作る余地はあると思います、と指導員さん。
さらに、なんて素晴らしい人なんだと感心しきりでした。

そんなまじめな話をひとしきりした後、中2グループで記念撮影をして、ママには引越ししても中2のライングループからは抜けたらあかんで~と言う話をして、お先に帰らせてもらいました。
卒所しても、こうやって仲良く集まれるきっかけを作ってくれているのはこの学童。
こういう楽しいときも、大変なときも、集まって支えあえる仲間でありたいものです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

流しそうめん大会 [学童保育]

土曜日の学童5年生会では、流しそうめん大会をしました。

5年生会をやると決めたときに「暑い時期だし子どもたちはそうめんでも食べる?」とあーちゃんに聞いたら「流しそうめんがいい!」とのこと。
知らなかったのですが、学童には昨年あたりに流しそうめんの筒が導入されていたそうです。

学童から運んでもらった流しそうめんの筒を組み立て、なんとか水が流れるようにセットして、流しそうめんスタート!
かなり盛り上がりました。
2018-07-02T05:49:34.jpg

途中、トマトやさくらんぼも流したのですが、子どもたちの食いつきぶりが面白かったです。

最後は、ゼリーやヤクルトも流していました。
(転がしていたというほうが正しいかも)

子どもたちがある程度お腹いっぱいになったところで、大人も楽しませてもらいました。
流しそうめん、準備と片付けは大変ですが楽しいですね。
学童では土曜日のお昼にすることが多いそうですが、盛り上がるのがわかります。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

地震に備える [学童保育]

土曜日の23時過ぎ、揺れを感じてぱっと目が覚めました。
家族はみな爆睡中。
もう一度揺れたら起こそうと思いましたが、その後揺れる気配はなく。
枕元においていたスマホでyahoo天気を立ち上げると、大阪府北区で震度3という情報だけが表示されていました。

神戸はどうだったんだろう?
4分後くらいに震源と各地の震度がアップされました。
神戸市東灘区は震度1とのこと。
そんなに敏感でもないわたしが目を覚ましたくらいなのに、ほんとに震度1か?と思いましたが・・・気象庁の発表だから正しいのでしょう。

誰か地震について何か発信していないかと思いFacebookを立ち上げたら、学童の運営委員長さんが、今日土曜日が1・2年生のお泊まり会という記事を夕方アップしているのを発見。
その後、余震については子どもたちは既に寝ていて大きな混乱はなかったというコメントを入れてくれていましたが・・・
海ちゃんが初めてこの学童に入った年、ロッカーの上にキャンプで使う荷物が山積みになっていて、カセットコンロのダンボールとかも積みあがっていて、ここでお泊まりするんか~、地震がきたら死ぬかも…と思ったことを思い出しました。
わたしが保護者会長になった時にロッカーの上にツッパリ式の棚をつけて上に置いていた荷物はすべてこのロッカーの中に入る分だけに整理してもらう対策をしたため、あーちゃんが入所したあとの1~2年生のお泊まり会は安心して預けていましたが、まさか本当にお泊まり会の日に地震に見舞われるとは。
幸い、小さな地震で混乱もなかったのですが、あの時、地震に備える対策をしておいて本当によかったと思いました。

その後、日曜日に運営委員長さんが、別の部屋の棚の扉がゆるくなっていて、簡単に中のものが飛び出してくる状態になっていたところに留め金をつけてものが飛び出さない様にしてくれていました。

学童は子どもを家庭がわりに預かる場所なので、安全対策は必須です。
まだ余震は続くかもしれないし、もっと大きな地震がくるかもしれない。
まだ手付かずの棚がある部屋についても、早く手を打っておかないと・・・と改めて思ったのでした。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

住吉川での飯盒練習中止のお知らせ [学童保育]

今日は、高学年の飯盒練習の日だったのですが、午前中に指導員さんから電話がかかってきました。
「住吉川が、火きの利用禁止になっていたので今日の飯盒練習はできなくなりました。
 川遊びはして帰りますが・・・」とのこと。

結局午前中川遊びをしてお昼ご飯は学童から調達したようだったのですが、あーちゃんはお昼ごはんを食べたらすぐにバドミントンに行かないといけなかったので、学童で用意したお昼ご飯は食べれないので連絡くれたのでした。

バーベキューをする人たちの騒音やゴミなどマナーが悪くて、周辺住民の方が怒って火を使う活動を一切禁止にされたようです。
迷惑をこうむっている方たちの気持ちはわかりますが、キャンプ前の子どもたちの飯盒練習ができなくなったのはイタイ。
小学校で防災訓練の一環としてやらせてもらえないかとか、芦屋のBBQ施設まで行ってやるかとか、いろいろ保護者の中でも意見はあったようですが、まだ結論は出ていないようです。

人の迷惑を考えない人がたくさんいると、こうやっていろんな規制が強くなってしまうということです。
学童の子どもたちには、これを機に公共の場所を使うときのマナーというものを考えてもらえたらいいなと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

母の日のプレゼントづくり [学童保育]

運動会の代休だった月曜日。
学童では、恒例の父の日・母の日のプレゼントづくりをしていたそうです。

今年あーちゃんが作ってきてくれたのは鍵ホルダー。
木にネジを差し込み、フエルトとビーズ、リボンで可愛く飾っています。
2018-06-05T05:51:58.jpg

同じグループの低学年の子たちに、切るのが難しいところは手伝ってあげたという話を聞いて、さすが5年生、ちゃんと低学年の面倒もみているんだ、と嬉しく思いました。

お手紙つきなのがまた嬉しい。
子どもたちが一生懸命プレゼントを作ってくれたり、お手紙を書いてくれたのをみるたびに、普段のイライラがリセットされます。

あーちゃん、こちらこそいつもありがとう!
これからも、よろしくね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

地域で子どもを育てるということ [学童保育]

連休最後の日曜日は、朝から学童保育所の運営委員会と保護者例会、そして総会でした。

わたしは昨年から運営委員に就任しています。
地域方式の学童の運営は、地域の代表が運営委員となり、学童に子どもを預けて働く親で構成される保護者会及び保護者役員会に運営を委託しつつもサポートする、という仕組みになっています。
日々の保育をしてくれる指導員さんの採用や給与支払いは保護者役員が行なっていますが、毎年交代する役員で行うのが大変な部分を長期的視点で考えるのが運営委員会だと思っています。

神戸の地域方式の学童の中では最も在籍児童保護者が多く、運営が安定している学童ではありますが、指導員体制の問題、助成金に代わる運営資金調達のための取り組み、そして場所問題と昨年からの課題がそのまま残っている状態です。
それでも、子どもが卒所した保護者が学童の運営のために奔走するこの仕組みはまさに地域で子どもを育てるということなんだなあと毎回総会の度に思います。

今年の総会にも児童の通う小学校の校長先生が一人来てくださっていました。
この学童が出来た35年前、ちょうど教師になりたての頃で、学校での仕事が終わった後に学童で子どもたちの成長を見守っていたそうです。
ここの小学校は、土砂災害警戒の恐れがあるときに学童の子どもたちが避難する避難所に指定されていて、昨年も一昨年もお世話になっているのですが、こういう校長先生がいるから、学童の子どもたちを受け入れてくださっているんだなあと思いました。

学童では、自分の子どものことだけではなく、どの親も子どもたちを我が子同様に面倒をみるし、子どもたちもいろんな親たちに囲まれて過ごすことに慣れています。
こういう学童のいいところも、過去の保護者が、そして運営委員会が引き継いできて今があるのだと思います。

地域で子どもを育てるモデルケースのようなこの学童が、うちの子どもたちが社会人になっても「ただいま!」と戻れる場であるように、今年も学童の仲間たちと一緒に頑張りたいと思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

学童バザーでの豚汁販売 [学童保育]

日曜日は学童のバザー&餅つきでした。
我が家はあーちゃんの駅伝大会と重なってしまったので、今年は残念ながら参加できず。

わたしは2年前から有志での豚汁販売をしていたのですが、今年はできないのでママをもう一人豚汁チームに引き込んで今年も3人体制をとりました。
前日の買い出しも、あーちゃんのバレーボールで行けなかったのですが、残りのメンバーが買い出しも炊き出しの準備もすべてやってくれ、当日朝の豚汁づくりも「いいよ、やるよ~」と言ってくれて、安心して任せることができました。
今年は3年目なので飽きがこないよう、じゃんけんで買ったら値引きというアイデアも出したら、それも盛り上げてくれて、楽しく完売できたそうです。
「やりたいよね~」でスタートし、毎年「楽しかった~」で終わる豚汁チームなので、今年も「やるよ~」やってみたら「めっちゃ楽しかった~」と言ってもらえるメンバーだったことは本当にうれしいです。

今日、たまたま帰りの電車で学童のOG保護者に会って、豚汁の話をしていたのですが、わたしたちがこの学童に入る前は、豚汁販売をしていたのだそうです。
もっと大規模に豚汁を前日から作り、学童のお昼ご飯も豚汁だったとのこと。
衛生指導が厳しくなって、前日から作っておくのはダメということになり、当日朝作るのは負担だからということでなくなったそうで、わたしたちが豚汁を復活させたことを喜んでくれていました。
そんな経緯があったことは全然知りませんでしたが、OGにも喜んでもらえていたということを聞いてとてもうれしく思いました。

来年はオムライスにも挑戦しようかという話が出ています。
いろんなことを前向きに提案し、行事を自ら楽しめる仲間に恵まれていることを幸せに思う今日この頃です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

勤労感謝の日のプレゼントづくり 餃子 [学童保育]

毎年、音楽会の代休の日は学童で一足早い勤労感謝の日のプレゼントづくりをしてくれます。
毎日忙しい働く親のために、夕食の一品になるようなものを、ということで、毎年何かお料理をさせてくれるので親も楽しみな日です。

今年は何を持って帰ってきてくれるのかなと思ったら、今年のプレゼントは餃子でした!
5人グループになり、お肉をこねて具を包むところまで自分たちでしたそうです。
カタチはいろいろ。
餃子は、好きな形に包むのが楽しいんですよね。
2017-11-07T05:50:24.jpg


夕ご飯に、みんなで美味しくいただきました。
あーちゃん、ありがとう!
そして、毎年プレゼントを考えてくれる指導員さんたちにもありがとう!
今日もお仕事頑張ります!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

全国学童保育研究集会に参加してきました [学童保育]

今日は全国学童保育研究集会の初日でした。

今年の全国研は神戸で開催するとのことで、兵庫県の学童はおもてなしの側。
子どもたちによる踊りと合奏の歓迎行事が最初にあり、あーちゃんの通う学童の子どもたちも夏休み前から練習をしていました。
リハーサルから付き添っていたパパいわく、リハーサルではぐだぐだだった子どもたちでしたが、本番は国際展示場のホールを埋め尽くす大観衆の前できちんと頑張っていました!
あまりにも広い会場に点在しすぎてあーちゃんの姿がまったく見つけられなかったのは残念でしたが。。。
2017-11-04T21:23:44.jpg


今19歳になった学童OGの子の、学童に通えてよかったというお話も、熊本、陸前高田、宮城、福島からの震災のお話もすごくよかったです。
自らも被災しながら子どもたちが安心して過ごせる居場所を作るために奔走していた被災地の指導員さんのお話には涙が出ました。
当たり前の日常が当たり前ではなくなる自然災害が起こったとき、学童の、そして地域の本当の絆が問われるのだと思います。

基調講演をしてくださったのは日本福祉大学名誉教授の近藤直子さん。
小学生の心のひみつ、と題して自分の小学生時代、息子さんの小学生時代の実話を交えながら、小学低学年の子どもの心、高学年の子どもの心をわかりやすくお話してくれました。
幼児さんからティーンエイジャーに、ぐんと成長する過程が小学生の時期。
この時期に、親と学校以外に多様な価値観を教えてくれる、異学年の多様な子どもたちの中での集団生活を送れる学童の存在は非常に大きいものだと思いました。

以前、学童のOGの方が「この学童を卒所した子どもたちは、みんな本当にいい子に育っています」という話をしてくださいましたが、学童期に自分の親だけでなくたくさんの大人とお兄さんお姉さんたちが見守ってくれる、愛情持って接してくれる環境で育ててもらえるからこそ、学童に通う子どもたちは自己肯定感が高く、年下の弱い立場の子達にも思いやりをもって接することができる子どもに育つのだと改めて思いました。
そういう意味では、放課後の時間を決まった友達とだけで過ごしたり、塾・習い事の往復とゲームとテレビだけで過ごす子に比べて、豊かな時間を過ごさせてもらえる学童に通わせてもらえることがとてもありがたいことだと思います。

小学高学年になったら、親は子どもと向き合うのではなく、横に並ぶイメージで一緒に何かをする、見守る姿勢が大事だというお話にも納得しました。
終わった後に、話を聞きにきていた中1の女の子に、「先生の話、そうそう、って思った?」と聞くとおおいにうなずいていましたし、その後海ちゃんにこのことを話したら、「そうそう、面と向かっていろいろ言われると、ほんとうっとおしい。わたしは別に悩んでいることないけど、あっても親には言わない。友達に相談する。」と断言していたので(苦笑)、先生の言うことは小学高学年の子どもの心を適格に捉えているのだと思いました。

大人の思い通りに行動しないこと、うまくいかなかったことを責めたり反省を促すのではなく、好きなことを思いっきりさせてやる、わくわくすることをたっぷり考えさせてやることで、子どもはイキイキと目を輝かせ、いい方向に伸びていくというお話は、子育て中の保護者みんなに聞いてほしいお話だと思いました。

参加して本当によかったです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

学童のおでかけプール [学童保育]

金曜日は学童のおでかけの日。
毎年8月最後のおでかけはプールです。
3年生以上は芦屋市民プール。
わたしは行ったことがないのですが、幼児用の小さいプール(手前)と大人用の大きいプール(奥)があって、大人用はすごく深いのですが、浮き輪持参で楽しんでいるようです。
2017-08-26T13:54:49.jpg

海ちゃんもジュニア指導員?として参加。
ちゃんと3年生女子について、面倒みてきたようです。

今年は付き添いで行っていたのがあーちゃんと同じ学年のママたちだったので、写真も何枚か送ってきてくれました。
とても楽しそうでしたが、この日はとても暑かったので、帰ってきたときの日焼けっぷりがすごかったです。
私立のお嬢様中学では、中学生が日傘をさして通学しているという話も聞くのですが、うちの子たちは全く気にしていません。
いつか後悔すると思いますが・・・。

一日指導員で付き添っていた夫も子どもたちとたっぷり遊んで楽しかったようです。
わたしもこの土日ようやく休みなので、明日はあーちゃんとあーちゃんと同学年のお友達家族とデカパトスに行ってきます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - 学童保育 ブログトップ
> 人気ブログランキング