So-net無料ブログ作成

組織が腐るとき [自分のこと・思うこと]

先日配信されたリベルタ学舎さんのメルマガの文章が興味深かったのでご紹介します。


メンバーの目が内部にしか向いていないときには、その組織は腐りつつあります。
・住民へのサービスよりも内部の手続きを重視するときの行政。
・顧客へのサービス以前に、自分の権力アピ争いで消耗しているときの企業。
・学生や学校にどんな価値を提供したか以前に「私これだけ頑張りました!」PR合戦になるときのPTA。

…どれも内部での評価にしか目が行っていない。
でも本当は、そもそもその組織が存在するのは、外部に対して価値を提供するからなんだよね。



管理職としては、考えさせられる文章でした。
働き方改革が推進されている今、業務の効率化にばかり目がいきがちですが、外部に対して存在するに値する価値を提供できているかという視点、忘れていないか立ち止まって点検する余裕が必要だと感じました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

> 人気ブログランキング