So-net無料ブログ作成
検索選択

夏休みの自由課題「作文コンクール」 [小学校のこと]

あーちゃんは昨日、パパに勧められて作文を書いたそうです。
夏休みの自由課題のなかにあった、いろいろな作文コンクールの中で、選んだのは「住みよい地球」をテーマにした全国小学生作文コンクール。

校外学習でクリーンセンターに行ったときに学んだ3Rのことに加えて、こんなことを書いていました。


わたしは朝、学校へ行くとき、(家を)出たら、カップラーメンやパンのごみなど、ひどいときは、カップラーメンの具が飛び散っているときがあります。
そのときは、すごくいやな気持ちになります。
やっぱり一人ひとりがきれいな兵庫県にしたいと思わないといけないと思います。
だれか一人しかきれいな街にしたと思っていても、周りの人、他の人がだれか一人でも「今でもじゅうぶん住みよいからこれいじょう、きれいにしなくてもいいや」と思っていたら、その一人がきたなくしちゃうかもしれません。
一人ひとりがきれいにしたい、と思っていたら、どんどん広がっていくと思います。
まず一人が思って気をつけていると、家族に広がり、家族の知り合いに広がり、また、その知り合いに・・・というふうになると思います。
身の回りをきれいにするとか、ごみがあればすばやく拾うとか、かんたんなことはできると思います。
あと、落ちているカップラーメンの中身はすてるのじゃなくて、家にもってかえるとか、それが無理ならば近くの公園のゴミ箱のところに捨てるとかしたら、もっと住みよくなると思います。
そうやって一人ひとりが気をつけあってごみを減らせば、ぜったい、今より住みよくなると思います。
わたしも、そういうことに気を付けて、今より住みよい兵庫県を目指したいです。


先日の感想文に続き、よく書けているなぁと感心しました。
地球の問題の第一歩は身の回りの地域から。
道端にポイ捨てしている大人たちに、読んできかせたいです。


・・・欲を言えば、自分の食べたお菓子のゴミをほったらかしにしないで、ゴミ箱に捨てるところから始めてほしかったりもしますが(笑)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

台風の日のお留守番 [子どもの成長]

今日は台風の影響で朝から警報が発令され、海ちゃんが参加予定だったワークキャンプは休み。
学童は朝7時半から開所して預かってくれるのですが、安全のため行き帰りとも保護者が送迎しないといけないことになっています。
始発で会社に行かなければならないわたしは全く対応できず。
海ちゃんがいることもあり、わざわざ大雨の中学童に行かなくても、家におらせた方がいいという夫の判断で二人でお留守番となりました。

二人で何してたん?と聞くと、ゆっくり朝ごはん食べた後は昼まで勉強し、お昼ご飯は海ちゃんに作っていたお弁当を二人で分けて食べ、午後はピアノの練習をして、その後は好きなことをして過ごしていたそうです。

ちゃんとご飯も食べて、勉強やピアノの練習もして、えらいなぁと感心しました。
もう親がいなくても、二人でちゃんと過ごせるほど大きくなったんだなぁ。
今更ながらですが、感慨深いです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

浴衣で夏祭り [季節行事]

海ちゃんが、お友達に「浴衣で夏祭りに行こう」と誘われたと言ってきたのは2週間ほど前。
浴衣がなかったら貸してあげるとまで言ってくれていたそうなのですが、ほとんど着ていないわたしの浴衣をもう着れるのではないかと思い、わたしの浴衣をお友達の家にもっていき、着付けだけしてもらうことになりました。

当日は着付けだけでなく、髪の毛まで結ってもらい、カゴバックも貸していただいたそうです。
ありがたいことです。
お祭りには、同じ学年のお友達が男女問わずいっぱい来ていたそうで、お友達ママが後から写真を送ってくれました。
2017-08-06T19:47:48.jpg

浴衣率の高さにびっくり!
結構いまどきの中学生は浴衣を喜んで着るものなんですね。

わたしは帰りが遅く、浴衣姿の海ちゃんをなまで見れなかったのが残念ですが、もう一度くらい、浴衣で夏祭りに行ってくれるチャンスはあるかな?と思っています。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃんの夏休みの宿題・読書感想文 [小学校のこと]

夏休みに入ってから、意欲的に宿題をこなしていっているあーちゃん。
わたしが声をかけたときには既に読書感想文も書き終えていました。

今回の読書感想文の題材は「空にむかって ともだち宣言」
上手にかけていたのでご紹介します。


わたしは、「空にむかって ともだち宣言」を読みました。
わたしが心にのこったところは、ナーミンという女の子が航平と勇太という男の子にいじめられていました。
そこでナーミンが日本に引っ越してきた理由を言ったところです。

男の子にいじめられてもにげないのがすごいなぁと思いました。
その言ったことを発表します。

(以下本からの引用)
「お父さんはある日急にかえってこなくなりました。
 お父さんのともだちが、けいさつにつれていかれたといいいました。
 十日くらいして、仲間のおじさんたちにささえられてかえってきました。
 体じゅう傷だらけで、ひとりでは歩けないほどでした。
 歯は3本おれて、耳もかたほう聞こえなくなっていました。
 お父さんはなにも悪いことはしていません。
 ちゃんと仕事としていただけです。
 それなのに・・・」
 ナーミンは声をつまらせました。
「お父さんは、家族みんな生きのびるには、日本に行くしかない、といいました。
 日本には、お父さんのともだちが先にきていました。
 でも、おじいさんやおばあさん、しんせきはみんな国にのこっています。
 わたしたちのせいで、けいさつにつかまったり、いじめられたりしていないか、とても、とても、心配です・・・」
 といいました。(引用ここまで)

つらいこと、悲しいことを思い出しても、ちゃんと言えるナーミンがすごいなと思いました。
あいりがナーミンの手をにぎったら、ナーミンが話せたので、あいりのおかげでもあると思います。
このやりとりをみると、友達はいいなと思いました。



引用が長いですが、あーちゃんがナーミンの言葉に心を動かされたことは伝わってきます。
こういう本を読むことをきっかけに、世界中で起こっている理不尽な問題に関心を持ち、その犠牲になっている人たちに心を寄せられる人になってほしいと思います。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決するNPO法人 [自分のこと・思うこと]

今日、わたしが毎月の寄付を行っているNPO法人フローレンスから年間事業報告書が届きました。

このNPO法人のミッションは「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」
病児保育事業からスタートした事業を障害児訪問保育、ひとり親支援、小規模保育、赤ちゃん縁組事業と拡大し、支援がなかなか行き届かない家庭を助けていっているそうです。

わたしは子どもたちが小さい頃、熱を出して困ったときは助けてくれる義母がいて、本当に甘えさせてもらってなんとか仕事を続けることができましたが、そういう助けがない共働き家庭は本当に大変だと思います。
待機児童問題も解決の希望は見えないまま、社会問題から影をひそめていっているような気もしますし、今まさに仕事に復帰しようとしている女性たちにとって、フローレンスのような団体がいることは本当に心強いことだと思います。

わたしは寄付をするくらいしか貢献できていませんが、いつかは、これから仕事と子育て両方頑張ろうとしているお母さんたちを助ける側にまわりたいと思っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

下町ボブスレープロジェクトのお話 [自分のこと・思うこと]

昨日の東京出張で、大田区から平昌冬季五輪を目指すプロジェクト・下町ボブスレーの中心メンバーとして活躍されている山陽機械製作所の黒坂社長のお話を伺ってきました。

大田区の技術を世界にアピールしよう、とスタートした下町ボブスレープロジェクトに積極的にかかわり、ジャマイカチームとの交渉も担当し、採用を決めた方です。
たくさんの人々が関わってきたプロジェクトなだけに、最初から最後まで一枚岩でがんばれてきたわけではなく、価値観の違いに苦労したり、落ち込んだりしたこともあったけど、最初の目的を忘れずに頑張っていること。
大変なだけでなく、みんなで力をあわせて成し遂げる喜びがあり、自分の会社の中だけでとどまっていては知り合うことのなかった人たちとの出会いが何よりの財産だということ。
失敗を恐れずに、チャレンジし続ける精神がものづくりにはとても大事だということ。
などなど、興味深いお話をたくさんしてくださいました。

下見に行ったときから、実際にお話を聞きたいと強く思っていた下町ボブスレー
お話が聞けて本当によかったです。
下町ボブスレーでオリンピックに挑むジャマイカチーム、この冬是非応援したいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お弁当つくりができない日 [自分のこと・思うこと]

昨日、今日と始発で家を出なければならない日が続いています。

今までにも始発で行くのは繁忙期にはよくあることだったのですが、今までと違うのは部活に行く海ちゃんのお弁当が必要なこと。
さすがに5時に家出るのにお弁当つくりは無理やで、自分で作って、と言っていたのですが、2日とも夫が作ってくれました。
オカズは準備していたとはいえ、ほんと助かります。

以前にも書きましたが、給食がなくてもお昼の心配をしなくて良かった学童のありがたさも痛感しています。


しかし、早くまともな生活ができる日常に戻りたい…。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

手作り味噌ができました [グルメ]

2月に友達と仕込んだ手作り味噌

今回は途中で白カビが生えているのに気づき、カビ取りをしなければなりませんでした。
お友達いわく、仕込んだ後の塩の余り方が結構多かったので、もしかしたら麹と塩と大豆を混ぜたときの混ぜ方が甘かったのかも、とのこと。

でも、ふと今日思い出してもう一度見てみたら、いい感じに仕上がっていました。
2017-08-01T17:42:39.jpg


麹が多めだっただけあって、味見してみるとかなり甘口。
美味しい味噌になりました。
キュウリとかにつけて食べたら美味しそうです。
これからゆっくり楽しみたいと思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

学童のファミリーキャンプ [学童保育]

週末は、学童のファミリーキャンプでした。
場所は毎年同じですが、南光自然観察村。
2017-07-31T05:55:38.jpg

自然豊かでいいところなのですが、今回は何度か雨に降られて大変だったようです。
低学年の子どもたちはテントで寝るのですが、夜中の雨を心配して急遽大人のコテージに泊まることになったそうで。

4年生になったあーちゃんは憧れのツリーハウス泊。
でも、あまりの暑さに夜中目が覚めてしまい、同じ部屋の子たちと外に出てたら怒られたと言ってました。
雨で窓を開けられなかったので余計に寝苦しかったようです。
・・・残念!

それでも予定していた宝探し、あまごつかみ、カレーづくり、川遊び、すいか割りといったイベントは全部できたようで、今年も楽しいキャンプだったみたいです。
2017-07-31T05:55:38.jpg


今回参加人数は140人とか言ってました。
準備したり、当日の運営をしてくれているのは保護者で結成されるキャンプ実行委員のみなさん。
ありがたいことです。
夜の懇親会は今年もおおいに盛り上がったそうで、学童を通じて親同士が繋がり、語り合える場というのは本当に貴重かつこれからも大切にしていきたいものだと改めて思うのでした。
(わたしは土日とも仕事でキャンプには参加していませんが・・・涙)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

7月のまちなか食堂 留学生と大学生と [子どもとおでかけ]

第四金曜日は「まちなか食堂」
わたしが到着した19時過ぎにはうちの子ども達と友人のRちゃんとお手伝いに来てくれている甲南の大学生しかいないという寂しい人数でした。
(わたしが行くのが遅かったということですが)

先月ボランティアで来てくれていた大学生、わたしがお誘いした学童にも今アルバイトで来てくれています。
専攻は福祉関係なのかと思いきや経済だとのこと。
この日も大学はテスト期間中で、テストが終わってからボランティアに来てくれたのだそうで・・・ほんと、社会貢献意識の高さに驚かされます。

その子と「なんでボランティアしようと思ったん?」っていう話をしていたら、お友達がアメリカからの留学生を連れてきました。
お友達の娘ちゃん(中1)が通っている私学の中学校では夏休みに1週間留学生と英語ですごすというプログラムがあるそうで、そのプログラムのために日本にきている留学生のホストファミリーをすることにしたのだそうです。
もう1週間を終えてこの週末で終わりなのだそうですが、中学校でそんな体験ができるっていいですね。
さすが名門私立中学校なだけあります。

で、留学生の子とも英語でおしゃべりさせてもらいました。
4週間日本に滞在するのだそうで、神戸で一週間過ごした後は、東京、埼玉と1週間ずつ移動していくのだとか。
なんで日本を選んだの?と聞くと、日本の歴史に興味があると言っていました。
日本は長い歴史の中で国民が「国」という意識を持ち始めたのはわりと近代だというところが興味深いのだそうです。
独立して「国」となったアメリカと比較すると、確かに特殊に思えるのかもしれません。
彼女は奈良時代や平安時代に興味があるそうなのですが、関西滞在中に訪れる時間はなかったようです。
わたしが仕事がつまってなければ、連れていってあげたかったなぁ。


今回のまちなか食堂は、なかなか普段おしゃべりすることのないゲストと一緒の夕ご飯となって、なかなか楽しかったです。
来月は、どんな人との出会いがあるか?楽しみです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
> 人気ブログランキング