So-net無料ブログ作成
小学校のこと ブログトップ
前の10件 | -

4年生の理科実験教室 [小学校のこと]

昨日、あーちゃんが「これ、レモンで電気つくねんで~」と言って、紙皿が入った袋をランドセルから出していました。
何のこっちゃと思っていたら、小学校のホームページに理科実験教室の様子が載っていました。

東京工業大学のOBの皆さんで作られた蔵前工業会の皆さんをゲストティーチャーに迎えての授業だったそうです。
テーマは、「くだもの電池を作ろう」

最初の実験はレモン電池。レモンを4つに切り分け、釘で作った端子を刺して、電流が流れるかLEDをつないで確かめると…一個では明かりはつきませんでしたが、4個を直列につなぐと明かりがついたそうです。
その他に、大根、パンでも試し、さらにLEDの代わりに電卓を繋いで計算できるかも試してみたそうで。

これは面白い実験ですね。
子どもたちが目をキラキラさせて取り組んでいる様子が目に浮かびます。

しかし、よく話を聞くと、あーちゃんのクラスは学級閉鎖だったためこの授業、受けられなかったとのこと><
あーちゃんが持ち帰ってきた実験道具、うちのレモンでも試してみようと思いました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

体育の時間に眼鏡を壊してしまいました [小学校のこと]

今日の午前中、小学校から電話の着信あったことに気づきました。
何だろう?と思い電話してみると、あーちゃんが体育の時間、跳び箱運動でうまく手をつけず?跳び箱の前に顔から突っ込んでしまい、眼鏡のつるが折れたそうです。
怪我はたいしたことなかったようですが…びっくりしました。

こういう運動中の怪我が怖いからわざわざスポーツ眼鏡を買ったのに、恥ずかしいからと一度もかけたことがないあーちゃん。

今回はたいした怪我ではなかったので良かったですが、明日からはバレーボールでもかけてもらわないとほんと怖いと思いました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃんの創作物語「でかすぎる柿」 [小学校のこと]

あーちゃんが学校で書いてきたお話「でかすぎる柿」
なかなか上手に書けているのでご紹介します。

でかすぎる柿

千年以上も前、ごくごくふつうなおじいさんとおばあさんがいました。
そのおじいさんとおばあさんには、子どもが十人くらいいて、十人中九人が世の中へと飛び立っていきました。
その一人のこった末っ子は、兄弟がみんな結こんして帰ってこなくなり、すごくさみしく、なげいてばかりいました。
その末っ子の様子を見て、おばあさんは何日も神様にねがっていました。
ある日の夜、おばあさんは ゆめをみました。
そのゆめの中に神様があらわれて
「庭の柿の木を見てこらんなさい。」
「その柿の木に一つだけ大きな柿がある。それをわってみてごらんなさい」
と言って消えていってしまいました。
そこでおばあさんが起きました。
そして、庭に行ってみると、どうでしょう。
すごく大きな柿があるではありませんか。
さっそく、おばあさんはその柿を一緒におろすようにおじいさんをよびました。
「あそこに大きな柿があるだろう。その中に子どもがいるらしいんだよ。一しょに手伝ってくださいな。」
と言いました。
「おお、おお、分かった。うちの子がさみしそうだもんな。」
といって、一しょに柿をおろしました。
そして、末っ子が起きないうちに柿をわりました。
すると、柿の中から男の子の赤ちゃんが出てきました。
末っ子が起きたとき、どんなに顔がこうちょう(紅潮)したことか。
そうして、その子を柿太郎と名付け、末っ子はおじいさん、おばあさん、柿太郎と一しょに幸せにくらしましたとさ。
めでたし、めでたし。


先生が「どんなに顔がこうちょうしたことか。」のところにで「すごい表現を知っているね」
全体の講評として「話の流れがしっかりしていてすらすら読めたなぁ」と書いてくれていました。
同感です。
表現力が豊かなのは普段の読書の賜物でしょう。
あーちゃんの書く力は、いい感じに育ってきているなぁと思いながら読ませてもらいました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

小学校の給食 [小学校のこと]

今日の神戸新聞に、あーちゃんが通う小学校の給食での取り組みが特集で掲載されていました。
あーちゃんがうつっている写真も載るということで、事前に掲載許可確認があったので、この日の神戸新聞に載ることは知っていて、会社でチェックしたら思いのほか大きな記事で驚きました。

学校で、調理師さんと一緒に給食を食べる機会があって、子どもたちが自分の好きなメニューの作り方を調理師さんに質問したりできるというのは初めて知りました。
3年生では箸の持ち方を練習するなどもしていたそうです。
海ちゃんも小学校の給食大好きでしたが、学校の中で給食を楽しむ取り組みをいろいろされていたんだなぁということが、この記事でわかりました。
 
いい機会を与えていただいてよかったです。                    

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

がんばれることへの感謝 [小学校のこと]

今朝、あーちゃんが本読みの宿題してなかった、と言って副読本「こころきらめく」と開きました。
宿題になっていたのは「がんばれることへの感謝」というタイトルのお話。
タイトルをみて、はっとしました。
書いたのは予想通り、阪神淡路大震災で被災し、その後プロゴルファーとなった古市忠夫さんでした。

もうかなり前ですが、会社の研修でこの方の話を聞き、大変感銘を受けたのを覚えています。
音読カードに書かれた感想を読むと残念ながら副読本に掲載の2ページだけでは、古市さんが伝えたかったことがあーちゃんには伝わっていない気がしたので、少し古市さんの話をしてあげました。
保護者からのコメント欄には、今健康でピアノの練習ができること、教えてくれる先生に恵まれたこと、周りで応援してくれる人がいて頑張れることに感謝の気持ちを忘れないでほしいですね、と書いておきました。

昔ブログに書いた感想には、古市さんの問いかけをこのように書いていました。

感謝の心を持てない人間が、いくらさまざまな豊かな体験をしても、豊かな心が育ちますか?
頑張れ頑張れと子どもたちを追いやっていませんか?
子どもたちはどの子も才能と努力の塊です。
頑張って、頑張ってきたのに結果が出なかったとき、子どもたちは生き場のない感情に押しつぶされそうになります。
ただやみくもに頑張れというのではなく、今自分が頑張れることへの感謝の気持ちを教えてあげませんか?


副読本に掲載されたのは、古市さんの思いが伝わったのかもしれません。
学校でも、丁寧に取り扱ってほしいなあと思いました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃんの詩 [小学校のこと]

昨日帰宅すると、あーちゃんが宿題の詩とイラストの色塗りをしていました。
動物の気持ちになりきって書く詩だそうです。
2018-01-16T06:12:29.jpg


りすくるみさんになりきって書いた詩。
思わず朝わたしにせかされていることを書いたのかと思いましたが、りすさんが早く外に遊びにいきたいという気持ちを表現したのだそうです。
ほっ。

表現も豊かだし、絵も上手だし、素敵な作品に仕上がったと思います。
あーちゃんいわく、こういう言葉はすらすらと出てくるのだそうです。
たいしたもんだと感心しながら読ませてもらいました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

そごう神戸店の書初展 [小学校のこと]

書初の作品が入選したあーちゃん。
入選作はそごう神戸店で行われる「書初展」に展示されるということで、スキー帰りに見にいってきました。

どきどきする~といいながら、9階の展示場に向かったあーちゃん。
神戸市の小中学校を半分にわけて2日ずつ展示するということで、展示期間が短いのですが、たくさんの人が訪れていました。
あーちゃんの作品
2018-01-14T19:00:38.jpg


素晴らしい~。
誇らし気なあーちゃんの笑顔も素敵でした。
四年生で金賞を取った生徒はいなかったようですが、銅賞をとったお友達の作品と比較するとまだまだ伸びしろはある感があります。

中学生の作品も展示されていて、海ちゃんのお友達の作品も見てきました。
確かに上手ですが、海ちゃんもあと一歩だったんじゃないかなぁという印象です。

あーちゃんは次なる目標・席書大会に向けてまたお習字頑張るのだそうです。
表彰が励みになり、ますます上を目指す。
いい循環に入っている気がします。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃんの今年の一字 [小学校のこと]

あーちゃんが学校の書初めの時間に、余った時間で書いてきた「今年の一字」
2018-01-11T07:40:18.jpg

「芽」ってしぶいなぁと思い、なぜ「芽」なのか聞いてみました。

大人になって大きな花を咲かせるために、まず芽を出す1年だそうです。

以前、そういう話をしてくれた先生がいたとのことですが、それを思い出して今年の一字にしたのはやっぱりすごいなぁと思います。

そして、早速書初め大会の習字が入選したというお手紙を持ち帰ってきました。
今度の日曜月曜でそごう神戸店に展示されるそうです。
書初めの入選は今年の目標のひとつでもあったので、目標一つクリアです。

あーちゃんの選ばれた作品を見れるのがとても楽しみです!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃんの日記 [小学校のこと]

あーちゃんが突然日記を再開しました。

昨年のGW牛窓旅行でストップしていたあーちゃんの日記帳。
ちゃんと書いている子はもう3冊目に突入していることを急に思い出したようです。

12月の駅伝大会のことから書き始め、毎週末にあったことを思い出しながら書いていましたが
「あと22ページも書かな終わらへん」
1冊書ききるのは大変なことだと気づいたようです。

書くことは大事だと伝えていたつもりなのですが、なかなか子どもたちには伝わらないなぁと思っていましたが、やはり友達から受ける刺激の力はすごいですね。
あーちゃんは今日から学童のスキーで、帰ってくるのは日曜の夕方なので続きを書くのは難しいかもしれませんが、是非これを機会に日記を書く習慣をつけてくれたらいいなぁと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃん4年2学期の「あゆみ」 [小学校のこと]

小学校も25日が終業式。
あーちゃんも「あゆみ」をもらってきました。

苦手だといっていた算数にも「よくできる」が増えていたし、今学期もよく頑張っていたことが見て取れる通知表でした。
自分で考えて行動していることを特筆事項としてあげてもらっていたことと、責任感や創意工夫のところにも円がついていたのも嬉しい評価です。

通知表と一緒に皆勤賞の賞状ももらってきました。
喘息で体の弱かったあーちゃんが、本当に強くなったものです。

もうひとつ、自分のいいところを自己評価、他者評価するプリントが入っていて、あーちゃんは自分の強みを「一生懸命頑張れば未来はよくなると信じている」というところだと書いていました。
そうか、だから何事も一生懸命頑張ろうとしているんだなぁ。
そうやって自己肯定できることも大事だと思います。
ママからも書いて、と言われたので、
「小さい子に優しくできること、集中力があること、なんでも一生懸命がんばるところ」と書いておきました。
三学期もなにごとにも一生懸命なあーちゃんでいてほしいと思います。

ちなみに同じプリントを海ちゃんに見せて、海ちゃんの強みはどれ?と聞くと、思いやり、公平性(誰にでも同じように接する)、許す心(いいよ、と言ってあげられる)、学習意欲と答えていました。
海ちゃんも自分のことを結構客観視できているなぁと思いました。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - 小学校のこと ブログトップ
> 人気ブログランキング