So-net無料ブログ作成
小学校のこと ブログトップ
前の10件 | -

あーちゃん4年生の音楽会 [小学校のこと]

今日はあーちゃんの小学校の音楽会です。
朝、6時過ぎにベランダから外を見ると、すでに正門の前に並んでいる人が・・・。
いったい何時から並び始めたのでしょう。
今年はあーちゃん、バス木琴を担当し、かつ背が高いため後ろの列になるので前の方に陣取らないと見えません。
という事情があり、夫が7時前から並びに行ってくれました。

おかげで前から3列目くらいの席をキープ。
おまけに1年生が終わったところで最前列の人が二人出て行かれたので、そのタイミングで最前列に移動し、とてもよく見ることができました。

今回は、校長先生のあいさつがよかったです。
6年生は今様々な教科で平和学習を行っていて、その一環として合唱でも「HEIWAの鐘」という歌を歌います。
誰もが平和な世の中を願っているはずなのに、未だに世界各地では戦争や紛争が絶えず、我々大人たちは、子どもたちに平和な世界を託さざるを得ない状況です。
子どもたちの平和を願う心からの歌声を聞いてください、というお話は胸にずんと響きました。
それに応えるかのように、6年生全員での合唱はみんな一生懸命で、涙を流している子もいて、心を動かされる迫力のあるものでした。

あーちゃんたち4年生の合唱は「明日を信じて」
音楽会が近くなると毎日家で熱唱していた海ちゃんと違って、あーちゃんは家で全然歌ったりしないのであまり耳覚えのない歌でしたが、「みんな、みんな、つながっている」という歌詞は心に残りました。
合奏は「風になりたい」
海ちゃんが年長さんのときの音楽会で演奏した曲でわたしも思い入れがあります。
10月の公開デイで見に行ったときよりも格段に迫力のある演奏になっており、かつ途中でマラカスのダンス舞台が前に登場。
あーちゃんたち他の楽器を担当している子たちもみんな腕を振って踊るシーン、すごく良かったです。
粋な演出に、会場は拍手喝采でした。
昨日あーちゃんが「先生にお母さんたちには内緒にしといてって言われているねん」と言っていたのはこの演出のことだったようです。
演奏する子どもたちみんなが元気いっぱいの笑顔を見せ、見ている方も思わず笑顔がこぼれる合奏、素晴らしいと思いました。
個人的には4年生の演奏が一番よかったです。

もうひとつ、今回なかよし学級の子どもたちが頑張っていたのも印象的でした。
3年生はリコーダー奏だったので、きれいな音で吹くのは難しいのですが、みんなと一緒に雛壇に立って堂々と演奏し、止まるところはきちんと音を止めていたのが素晴らしいと思いました。
4年生の子は、10月の公開デイでは走り回って一緒に音楽の授業を受けることすらできていなかったのに、最後までキーボードを一生懸命演奏していました。
担当の先生が、前向きに取り組めるように辛抱強く寄り添ってくれていたからこその本番の姿だったのでしょう。
この子たちも同じ学年の仲間として、一緒のステージを創り上げた先生たちも子どもたちも素晴らしいと思います。

音楽会の〆は6年生の「みえない翼」
この歌には毎年本当に泣かされます。
みんなよく頑張ったなぁ、とステージの中に我が子がいなくても歌詞と子どもたちの言葉にじーんときます。

今年もいい音楽会でした。
あーちゃん、お疲れ様!よくがんばったね!!
2017-11-03T11:46:20.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

駅伝大会に向けての練習 [小学校のこと]

12月3日の駅伝大会にエントリーしたあーちゃん。
出場する子達で、駅伝大会に向けての練習が始まりました。

昨年までは先生たちが仕切ってくれていたのですが、今年から教員の負担軽減のため、こういうスポーツ行事は保護者主導で行うこととなりました。
どうなるんだろうと思っていたら、お友達のお母さんが先生に頼まれて監督を引き受けてくれたそうで、出場する子達にお手紙を渡して連絡先を集め、lineグループを作って練習日程の調整をし、そして毎週月曜日の放課後グラウンドで練習するところまで段取りしてくれました。
素晴らしい・・・。

平日なので練習に付き添いは無理なのですが、帰ってきたあーちゃんにどうだった?と聞くと、
「息つぎの仕方と、腕の振り方と、ペースの取り方を教えてもらって、そのあとグラウンド一周から始めてその後何回も走る練習したからめっちゃ疲れた」とのこと。
基本からしっかり教えてくれたようです。
監督を引き受けてくれたお母さんからは、だいたい200mを1分切るペースで走れていたので、結構速いかも!と報告が来ていました。

毎週1回の練習なので、みんなで練習できるのはあと四回だけですが、あーちゃんには今日から朝練も頑張ってもらって本番の駅伝までに自信をつけてほしいなぁと思っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

小学校の公開デイ [小学校のこと]

今日は小学校の公開デイ。
朝から一日中参観ができる日です。

1時間目の授業が体育館での音楽だったので、行けば音楽会の時にどこに座ればあーちゃんが見えるかわかると思い、出社前に観に行くことにしました。

全校朝会から見ようと思って行ったら雨で朝会は中止。
各クラスでの朝の会をやっていました。
朝の会では日番さんの1分間スピーチのコーナーがありました。
どんなスピーチをするのかと思ったら、与えられたお題は「おしゃれで恥ずかしがり屋な女の子に公園で会ったら、その子は口の周りにごはん粒をつけていました。あなたなら何て声をかけますか」
・・・なんとも微妙なお題です。
日番さんは、自分の意見だけでなくお隣の席の子の意見も聞いて、
「自分はこう思う。○○さんはこう言っていた。」と自分の主張だけでなく他の意見も紹介する形での一分スピーチをしていました。
こういうスピーチ練習を毎朝しているというのはいい取組だと思います。

そして音楽の授業。
最初に合唱の体型で雛壇に立って、歌う姿勢の確認。
そして合奏の体型になって合奏の練習をしてくれたので、あーちゃんの立ち位置がよくわかりました。
バス木琴とオルガンだけでの練習もあったのですが、あーちゃんは落ち着いてよく弾けていました。
音楽会が11月3日で、10月13日の時点でここまでできていたら、本番はかなりの完成度になっていそうで楽しみです。

一時間目の最後まではおれずに会社に向かってしまいましたが、行ってよかった公開デイでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

駅伝大会に出ることになったあーちゃん [小学校のこと]

昨日、帰宅すると、あーちゃんがプリントを持ってきて
「あーちゃん、駅伝大会に出ることになった。」

走るのが大嫌いだったあーちゃんが突然どうしたのかと思ったら、お友達に一緒にでようと誘われたそうです。
海ちゃんも、5年生のときに友達に誘われて陸上競技会に出て、かなり足が速くなったのであーちゃんにもいい機会だと思って
「いいね~、頑張れ!」
と応援しました。

早速今朝から朝6時に起きて朝練を始めたあーちゃん。
かなり本気です。
股関節を痛めてからしばらく走っていなかったわたしも付き合って走ってみました。
キロ7分超えのスローペースで1キロなので、特に関節の痛みをぶりかえすこともなく、ちょうどいいリハビリになった感じです。

駅伝大会は12月3日。
あと2か月あるので、朝練を継続し、悔いのない走りをしてほしいなぁと思っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

先生がきらい [小学校のこと]

あーちゃんは、今の担任の先生が好きではないようです。
「どういうところが嫌いなん?」と聞いてみると、子どもの話を聞いてくれない、とのこと。
どういうときに、聞いてくれていないと思ったの?とさらに聞いてみると、授業中の子どもたちの発言を黒板に書かないことがあるそうです。
「違っていても、ひとつの意見やん。なんで黒板に書いてくれへんの」

先生は、自分の期待とあっている意見だけを黒板に書き出しているそうで、この点に関しては先生とは違う意見でも、子どもたちの出した意見は尊重されるべき、というあーちゃんの考えは正しいと思いました。

あーちゃんが担任の先生を批判したのは初めてだと思います。
四年生になって、大人を批判する目も育ってきたあーちゃん。
そういう子どもからの厳しい目、厳しい意見も先生には受け止めてほしいなぁと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

音楽会に向けてのチャレンジタイム [小学校のこと]

昨日は四年生のチャレンジタイムでした。
音楽会でリコーダーや鍵盤ハーモニカ以外の楽器を担当したい子は、そのパートを練習してチャレンジタイムというオーディションに挑みます。

今年は鉄琴がやりたいから、木琴類のチャレンジタイムを受けると言っていたあーちゃん。
家で練習している様子は全くなかったので大丈夫なのかと思いきや、チャレンジタイムの日には
「上手に出来た!」と嬉しそうに帰宅。
そして、昨日「合格した!」と嬉しい報告をしてくれました。

さらに先生に「上手だから、バス木琴をやってほしい」と言われたそうで、嬉しそうにバス木琴を引き受けて帰ってきました。
二年生のときのチャレンジタイムでは落ちてしまったバス木琴。
四年生で弾くことになるとは思っていなかったので、よかったなぁと思いました。

ちなみに、あーちゃんとお友達は休み時間のたびに、音楽室に練習に行ったり、教室に置いてある木琴で練習したりしていたそうです。
ちゃんと「合格」という目標に向かって努力していたんだなぁと改めて感心しました。

今年の音楽会は11月3日。
あーちゃんの頑張る姿をしっかり観てこようと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

四年生二学期最初の参観日 [小学校のこと]

今日はあーちゃんの参観日でした。
平日の参観日に行くのは久しぶりです。

授業よりも見たかったのは夏休みの自由研究。
お友達がどんな自由研究をしてきたのかをみてきたのですが、さすが四年生。
かなり凝った内容になっていました。

社会の自由研究ですごいなと思ったのはストローで作った日本地図。
アイデアも面白いし、地図のクオリティも高いです。
2017-09-08T14:48:22.jpg


理科作品展に出されている分は見れなくて残念でしたが、この理科の自由研究もかなり立派です。
2017-09-08T14:48:22.jpg


工作は、ガチャガチャなど、あーちゃん同様Youtubeの動画とかみて作ったのかなぁと思うおもちゃの工作がたくさんありました。
中でも目を引いたのは観覧車。
仕上げも丁寧で上手です。
2017-09-08T14:48:22.jpg


ポスターもたくさんありましたが、作品展に出された作品のレベルが高くて驚きでした。
あーちゃんが二学期始まってすぐに、来年は何を創ろうかなぁと言っていた理由がよくわかりました。
これはすごい!と大人でも刺激を受けます。

で、肝心の授業参観ですが、国語の漢字しりとりでした。
ペアでやったり、班でやったり、楽しく盛り上がっていましたが、最後に先生が
「どうして教科書にこんな漢字しりとりが乗っていると思う?」
と聞いたときに、一番最初に手を挙げて答えた子の回答が秀逸でした。
「参観日だから!」
…確かにこういうのが教科書に載ってると、参観日受けする授業ができますね(笑)

答えは「楽しく漢字を覚えられるようにするため」ということで、次は漢字かるたや漢字ゲームを遊び係さん中心でやりましょう、という授業の〆でした。

あーちゃんが班のお友達と楽しそうに漢字を考えたり、班の中で率先して解答を紙に書いていったりしている姿が見れて、満足して帰宅しましたのですが。

わたしより後に帰ってきたあーちゃんに
「ママ、会社戻らないの?」と聞かれました。
「今日は家にいるよ」というと、
「会社行ってほしかったわ」と言われちょっとショック。
あーちゃんが宿題終わらせて遊びに行ったら、わたしも整骨院に行こうと思います。。。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏休み工作 メダル販売機 [小学校のこと]

今年の夏休みの自由研修は、調べものよりも工作がしたいと言っていたあーちゃん。
なぜなら、友達がやりたいと集まってくるから。
確かに、調べもの系の自由研究は、親は参観日のときに関心してみてたりしますが、子ども同士では注目されないでしょうね・。。。

何をつくるの?と聞くと、「オレオの自動販売機」とあーちゃん。
昨年お友達が作ってきていた自動販売機の工作が面白くて、自分でも作ってみたいと思ったようです。
YouTubeで検索すると、作り方の解説動画があり、これならあーちゃん一人で作れそうだなと思いました。

夏休みに入った途端、ダンボールの材料を集め、足りない材料(針金とビニールテープ)を自分で買いに行き、学童も早めに帰ってきて工作に集中していたあーちゃん。
立派な自動販売機が出来ました。
2017-08-18T09:18:19.jpg

オレオはお菓子だから夏休み明けの学校には持っていけないということで、金銀銅のメダルが出てくる自動販売機にしました。
黒いボタンを押すと、中からメダルが出てきます。
2017-08-18T09:18:19.jpg

お~、なるほど。

黒いボタンのダンボールが見えているところはちょっと修正してもらったほうがよさそうですが、なかなか素敵な工作ができました。
もうすべての宿題を終えたあーちゃんですが、海ちゃんのやろうとしてた自由研究を自分でもやりたいと言ってさらに貪欲に取り組んでいます。

週末からはJOFのサマーキャプだし、ほんとに充実した四年生の夏休みです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏休みの自由課題「作文コンクール」 [小学校のこと]

あーちゃんは昨日、パパに勧められて作文を書いたそうです。
夏休みの自由課題のなかにあった、いろいろな作文コンクールの中で、選んだのは「住みよい地球」をテーマにした全国小学生作文コンクール。

校外学習でクリーンセンターに行ったときに学んだ3Rのことに加えて、こんなことを書いていました。


わたしは朝、学校へ行くとき、(家を)出たら、カップラーメンやパンのごみなど、ひどいときは、カップラーメンの具が飛び散っているときがあります。
そのときは、すごくいやな気持ちになります。
やっぱり一人ひとりがきれいな兵庫県にしたいと思わないといけないと思います。
だれか一人しかきれいな街にしたと思っていても、周りの人、他の人がだれか一人でも「今でもじゅうぶん住みよいからこれいじょう、きれいにしなくてもいいや」と思っていたら、その一人がきたなくしちゃうかもしれません。
一人ひとりがきれいにしたい、と思っていたら、どんどん広がっていくと思います。
まず一人が思って気をつけていると、家族に広がり、家族の知り合いに広がり、また、その知り合いに・・・というふうになると思います。
身の回りをきれいにするとか、ごみがあればすばやく拾うとか、かんたんなことはできると思います。
あと、落ちているカップラーメンの中身はすてるのじゃなくて、家にもってかえるとか、それが無理ならば近くの公園のゴミ箱のところに捨てるとかしたら、もっと住みよくなると思います。
そうやって一人ひとりが気をつけあってごみを減らせば、ぜったい、今より住みよくなると思います。
わたしも、そういうことに気を付けて、今より住みよい兵庫県を目指したいです。


先日の感想文に続き、よく書けているなぁと感心しました。
地球の問題の第一歩は身の回りの地域から。
道端にポイ捨てしている大人たちに、読んできかせたいです。


・・・欲を言えば、自分の食べたお菓子のゴミをほったらかしにしないで、ゴミ箱に捨てるところから始めてほしかったりもしますが(笑)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あーちゃんの夏休みの宿題・読書感想文 [小学校のこと]

夏休みに入ってから、意欲的に宿題をこなしていっているあーちゃん。
わたしが声をかけたときには既に読書感想文も書き終えていました。

今回の読書感想文の題材は「空にむかって ともだち宣言」
上手にかけていたのでご紹介します。


わたしは、「空にむかって ともだち宣言」を読みました。
わたしが心にのこったところは、ナーミンという女の子が航平と勇太という男の子にいじめられていました。
そこでナーミンが日本に引っ越してきた理由を言ったところです。

男の子にいじめられてもにげないのがすごいなぁと思いました。
その言ったことを発表します。

(以下本からの引用)
「お父さんはある日急にかえってこなくなりました。
 お父さんのともだちが、けいさつにつれていかれたといいいました。
 十日くらいして、仲間のおじさんたちにささえられてかえってきました。
 体じゅう傷だらけで、ひとりでは歩けないほどでした。
 歯は3本おれて、耳もかたほう聞こえなくなっていました。
 お父さんはなにも悪いことはしていません。
 ちゃんと仕事としていただけです。
 それなのに・・・」
 ナーミンは声をつまらせました。
「お父さんは、家族みんな生きのびるには、日本に行くしかない、といいました。
 日本には、お父さんのともだちが先にきていました。
 でも、おじいさんやおばあさん、しんせきはみんな国にのこっています。
 わたしたちのせいで、けいさつにつかまったり、いじめられたりしていないか、とても、とても、心配です・・・」
 といいました。(引用ここまで)

つらいこと、悲しいことを思い出しても、ちゃんと言えるナーミンがすごいなと思いました。
あいりがナーミンの手をにぎったら、ナーミンが話せたので、あいりのおかげでもあると思います。
このやりとりをみると、友達はいいなと思いました。



引用が長いですが、あーちゃんがナーミンの言葉に心を動かされたことは伝わってきます。
こういう本を読むことをきっかけに、世界中で起こっている理不尽な問題に関心を持ち、その犠牲になっている人たちに心を寄せられる人になってほしいと思います。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - 小学校のこと ブログトップ
> 人気ブログランキング