So-net無料ブログ作成

恵みの雨とトマト [家庭菜園]

木曜日の雨でまた元気を取り戻したトマト。
100729_1447~01.jpg

金曜日からの日差し復活で赤く熟しました。
100731_0634~01.jpg

今朝の収穫は次女が2つ。
長女が14個。
100731_0635~01.jpg

100731_0637~01.jpg

真っ赤に熟していた12個を朝ご飯にいただきました。
完熟の甘さです☆
トマト嫌いの次女もパクっと食べてくれました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

喘息発作出ちゃいました・・・ [小児喘息]

火曜日、お迎えのときに次女の担任の先生に、
「昨日も今日も、お昼ねのときに痰がからんだ咳が出て
 泣いて起きてしまったんですよ。。。」という報告をいただき、
なんかやばいなぁと思っていました。

火曜日はかかりつけ医が午後休診だったので、
水曜日の朝ベネトリン吸入をしてから保育園に行かせると、
水曜日はちゃんとお昼寝ができたとのこと。
ほっとして帰ってきたのですが、
夕食のときに、食事を戻すくらいひどく咳き込んでしまい(><)
食事を中断してベネトリン吸入。

ベネトリン吸入をするとかなり楽になるようで、
その後デザートのぶどうはしっかり食べたのですが、
夜中も何度も咳込んでで泣き、
0時、4時とベネトリン吸入。
吸入するたびに吸入器をセットして洗って・・としていてあまり寝れなかったわたしも
朝はフラフラ。

熱もでてきていたので木曜日は保育園を休ませ、
午前中パパが病院に連れていってくれました。
風邪を引き金に喘息発作を起こしているとのことで、
いつもの咳鼻の薬とホクナリンテープに加え、
久々に抗アレルギー薬のオノンもどっさりもらってきました。

昼からパパと交代してわたしが家で見ていたのですが、
やはり寝るときに咳き込むので、
お昼寝最中にも再びベネトリン吸入。

寝ているとき以外は元気なのに、
寝るときだけ咳が酷くて眠れないって、ほんとつらいだろうなと思います。

うちは、吸入器を持っていて、かつベネトリンを処方してもらっているので
なんとか家でこれくらいの発作は対処できますが、
そうでないと、深夜に発作がでる喘息は
本人はもちろん親にとっても、ほんとにつらい病気です。

早く卒業させてあげたいよ~!!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

好きなもの、怖いもの [子どもの成長]

昨日夕食ときに次女が言いました。
「あーちゃんはねえ、梅干しとブタが好きなの♪」
ちなみに夕食のメニューはちらし寿司です。
何故にブタ?

ハテナが沢山浮かんでいるわたしに長女が教えてくれました。
「あーちゃん保育園でブタさんの手袋人形でいつも遊んでるの。」
なるほど、ブタって豚肉じゃなくて
ブタさんの人形だったのね~。
長女の助け船に感謝☆

寝る前、お薬手帳を散らかしたままにしていたことを思い出した次女。
「お片付けしたい~(涙)
だって出したままにしてたらY先生に食べられちゃうもん。
食べられたら怖い~(涙)」
・・・Y先生っておとなしい優しい感じの女の先生なんですけど(^_^;)

散らかしたものたべちゃうのは
お掃除ロボットルンバくんなのですが、
Y先生と何故に混同?

片付けない子どもたちにイライラしていたわたしですが
思わず笑ってしまいました。
子どもたちには本当に癒されます☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

二人でお風呂 [子どもの成長]

昨晩、長女が宣言しました。
「わたし、一人でシャワーする!」
真似っこ次女も
「わたし、一人でジャジャンする!」
(次女はシャワーがきらいで、洗面器にためたお湯をかけるようにしています)

さっさと自分で服を脱ぎ、
トイレにいって、シャンプーも体を洗うのも自分でする長女。
何でも一人でできるようになったのね。。。とちょっと感動。

そして、その真似をして
「自分で!」とわたしの手をふりきり、
シャンプーした頭を自分でシャワーで流そうとした次女。
シャンプーが目に入って
「いたい~」と大泣き。
予想通りの展開です(^^;;

でも顔をふいたあとは、
長女が次女の体を洗ったりシャワーで流すのを、全部やってくれました。
というか、ちゃんと見ていなかったので、
たぶんきれいに洗ってくれただろう、って感じですが。

二人でお風呂に入ってくれるようになると、
ママは本当に楽です♪
ほんの数年前は、二人をお風呂に入れるのにめちゃくちゃ苦労していたのに・・・。
子どもの成長は、ほんとあっという間です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

すぐに叩く次女 [子どもの成長]

最近の次女は、自分の思い通りにいかないことがあると、
泣く、転がりまわる、叩く、で主張します。

怒られたり、やりたいことに「ダメ」と言われるといわれた相手を叩き、
叩いたことを叱ると
「わ~ん」と泣きだし
「怒られたのがいやだった~」

長女もこの時期、よく思い通りにいかないことがあると泣きわめいていた記憶があるけど、
こんなに叩いてはいなかったような気が。。。

次女と同じクラスのMくんのママに
「うちの子、保育園でもお友達叩いているんじゃないかと思って心配なんだけど」
というと、
「うちもやで~」
とのお返事。
Mくんママは、Mくんが叩くと
「どんな理由があってもぱっちん(叩くこと)したほうが負けなんだよ」
と諭しているそう。

昨晩も、長女が「あーちゃんが叩く~」と訴えてきたので、
早速Mくんママの真似して諭してみました。
「あーちゃんがいやだなって思っても、叩いたらあかん。
 叩いたら、叩いたほうが悪いの。
 泣いたり叩いたりしても許してもらえるのは赤ちゃんだけよ。
 あーちゃんはもう赤ちゃんじゃないよね。おねえちゃんよね。
 いやだなって思ったら、ちゃんと口で言ってごらん。
 こうされたらいやだよって言えるのがおねえちゃんなんだよ。。。」

気の強い次女は「ふん!なによ!」って顔して
顔をそらしてごろごろ転がっていましたが、
逆切れして泣き叫ぶこともなく、
彼女なりに、わたしの言うことを理解しようと考えていたような気がします。

口で説明するのは、まだ言葉がたどたどしい今、とても難しいことなんだと思います。
でも、まずは親のわたしがかーっとならず、
何が悪いのか、どうしてほしいのか、根気よく説明していきたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

「モロッコのごはん」 [絵本・子どもの本]

最近親子ともにはまっている絵本が
世界の食事シリーズ。
世界各国の食事の内容や習慣やきれいな絵で描かれていて、
子どもにもわかりやすいし、大人が読んでも面白い。

図書館で「ポルトガルのごはん」という本を見つけて以来、
インドネシア、ロシアと読んできたのですが、
ようやく先日パパがみつけてきてくれたのが「モロッコのごはん」。

実は結婚してすぐに1年ほどパパの長期海外出張についていって
モロッコのTetouanという町に住んでいました。
(パパはわたしがモロッコに渡航する前からいっていたので1年半ほど)
だから、モロッコのごはんなんて、懐かしくって、
「あった、あった~」
「そうそう、こんなんやった~」
親のほうが盛り上がってしまいました。

ちなみに今流行りのタジン鍋ですが、
わたしがモロッコに住んでいるときに、メイドさんに
「タジン鍋買いたいんだけど」と相談したら、
「タジン鍋じゃ時間かかるから、圧力なべのほがいいわよ」
と言われました。
現地では、日本でいえば土鍋みたいな存在だったんだと思われます。
(土鍋で炊くご飯はおいしいけど、時間短縮を考えればやっぱ炊飯器でしょ、と同じで)

長女もパパとママがかつて住んでいたモロッコという国に、
興味があるようで、自分だけ話題についていけないのにふてくされ顔。
もう少し大きくなったら連れて行ってあげてもいいんだけど、
なんせ、遠いのよね。。。

世界の食事シリーズ、
年長以上向けだとは思いますが、なかなかおすすめです♪
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

収穫のタイミング [家庭菜園]

昨日は朝長女がトマトを11個、
パパがキュウリを1本収穫してくれました。

トマトは赤くなってから3日くらい採らずにおいていたので
いい感じに熟していました。
相変わらず皮は固いですが
味は甘くて美味しい!

キュウリはちょっとボケ気味の味。
もう1日早く収穫したほうがよかったかも。
キュウリは実がついてから大きくなれずに枯れてしまったものもあって
水が足りないのか
土が足りないのか
肥料が足りないのか
よくわかりません(^_^;)

とりあえず昨日までの教訓。
1.トマトは完熟まで我慢すべし。
2.キュウリは小さめで収穫すべし。

野菜作りは日々勉強です。
100724_0716~01.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカのワークライフバランス事情 [ワークライフバランス]

日経マネー9月号に掲載の
米国マネー最前線というコラムに書かれていた米国ワークライフバランス事情には驚きました。

「病児保育」という概念がない、ということ。

子どもが発熱した場合、両親とも仕事が忙しくて
「子どもを引き取れない」という事態は絶対に起きないのだそうです。
取引先に対する重要なプレゼンの最中であっても
「子どもが熱を出した」という理由でプレゼンを中断することも、
基本的に許され、上司も取引先も快く送り出すのが常識で、
代役を指名された人間もイヤな顔をせずに引き受ける・・・。

日本じゃ考えられないことです。
そして、この記事を読んで、
米国社会の子育てに関する社会の認識は素晴らしいと思うと同時に、
一緒に仕事しにくそうだなぁと思ってしまう自分は
やはり日本人・・・(> <)

昨日から夏の繁忙期に突入したわたし。
と同時に昨日から次女が発熱し、
ため息まじりに早退、今日申し込んでいた保育園もキャンセル、
でも今日も明日の日曜日も仕事は休めない。

何かおかしいと思いつつ、
同僚に迷惑をかけられない、ということが先に頭をよぎってしまう。
もっと気軽に働きながら子育てを楽しめる世の中にならないと、
日本の出生率がアメリカの出生率2.1においつくことはないんだろうなと思います。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ガラスとカラス [子どもの成長]

昨日の夕食時の会話。

長女「ママのコップと、わたしのコップはガラスやな~」
わたし「そうだね~」
次女「カーラ~ス~♪ なぜなくの~♪」
わたし「カラスじゃなくてガ・ラ・ス!」

相変わらず絶妙です。

あと2回くらい大笑いした気がするのですが、
一晩経つと忘れてしまう。。。
この面白い&かわいい時期のこと、
忘れてしまうのはもったいない!!

自分の記憶力がもっとよければいいのにと思っちゃいます。

まあさっさと忘れたいくらいぐずられて困ってることも多いんですけどね。。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

猛暑日の水やり [家庭菜園]

子どもたちがいなかった昨朝は、
初めてわたしが水やりをしました。
たっぷりあげたつもりだったんだけど、
夕方帰宅したパパに
「キュウリもトマトも死にかけてたで」
といわれてびっくり(@@)

猛暑日は、じょうろで3回分くらい水をあげているそうで。。。
いや~、全然お世話してないので何も知りませんでした(反省)

パパがすぐに追肥してお水をあげたら元気復活!
昨晩は3本目のキュウリを収穫していただきました。
しかし、下の方の葉はどんどん枯れて、
すかすかしてきています。
大丈夫なのかしら?
100722_0532~01.jpg

上の方はベランダの手すりを支柱?に、
順調に葉が生い茂り、
4本目のキュウリも順調に大きく育っています。
100722_0532~02.jpg

トマトもいい色に。
まだまだ収穫が楽しめそうです♪
100722_0533~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
> 人気ブログランキング