So-net無料ブログ作成

キュウリの実が枯れちゃいました [家庭菜園]

2番目にできたキュウリの実も枯れてしまいました(><)
なんでやろ・・・。
100630_0507~02.jpg

植物が枯れ始めると一気にやる気を失い、
完全に枯らしてしまうのがわたしのいつものパターンですが、
次の実がまたできているので、気を取り直して。
もちろん、今回育てているのは長女なので、
わたしは一喜一憂せずに見守っています。
100630_0507~01.jpg

トマトは、トマトのにおいをいっぱい放っています。
次女はトマト嫌いなのですが、おうちで育てたトマトなら食べるのかしら。
収穫後の反応も楽しみです。
100630_0509~01.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うそつき? [保育園]

昨日、保育園の帰りに、長女のお友達がわたしに
長女のことを「うそつきやねん」と言ってきました。

確かに、長女は事実と異なることを
○○やねん!とお話することがあります。
○○だったらいいな~ということを、
そのまま○○だ!と口にしてしまうのですが、
それは、未就学児には普通の行動だと思っていたので、
「うそつき」と言う評価にびっくりしました。

時がたてば、空想上のことと事実をごちゃまぜにした話し方はしなくなると思っていたので
長女の話を否定したことはないのですが、
ほかの子たちは、「それは違うやろ」とか「うそゆーたらあかん」とか
言われているのかしら?

「うそつき」と言われた長女は、自分の言動をどう思っているのかしら?

きっと、こういうお友達とのやり取りの中で、
自分だけの世界から、人との間で言っていいこと、言わないほうがいいことを
学んでいくのでしょうけれど、
お友達に子どもの非を訴えられたとき、親はどう反応したらいいのかしら?

長女を目の前に
「うそつくのはあかんなぁ」ともいえず、
教育上
「害のないうそならいいんじゃない?」ともいえず、
「そうなん?そんなことないと思うけどなぁ」と
あやふやにしてしまいましたが。。。

子ども同士の責め合いの中に入っていくのは、大人が公正に入っていくのは難しい。
今度、担任の先生に、こういうときに、どう対応しているのか聞いてみよう。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

擬態語バリエーション [子どもの成長]

ある日次女に
「はさみでチョキチョキして」
と言うと
「もくもく」と言いながら切ってくれました。

「テープでぺったんして」
と言うと
「それっ!それっ!」
と言いながら貼ってくれました。

擬態語の使い方の面白さに大笑いしつつ
豊かな表現力?に感心です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

収穫間近? [家庭菜園]

キュウリのつるがどんどん伸びて、
外からもうちのベランダがわかるようになりました。
昨日のプールの帰り、「キュウリさんがぴょこんって出てるのがわたしのうち!」
と長女がお友達に一生懸命説明していました。
100627_0611~01.jpg

キュウリの実はまだ花が落ちないので、収穫は7月半ばくらいになりそうです。
100627_0610~01.jpg

トマトの実は長女が数えたら24個もなっていました。
最初になった実がだいぶおしりのあたりが黄色くなってきたので、
こちらは今週あたり収穫できるのでは?と淡い期待を抱いています。
パパいわく、
「やっぱり花育てるより食べれるもの育てるほうが楽しいよなぁ~」
さすが、関西人!
100627_0608~01.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「時間がない」を解決するマジック [ワークライフバランス]

先日の研修で、
本間正人先生の講演を拝聴することができました。

90分があっという間に感じる素晴らしい講演だったのですが、
その中で一つ、なるほどなと思ったことは、時間のとらえ方。

「一週間ってなんですか?」
この質問に、あなたはなんと答えますか?

7日間と考えると、
多くの人は5/7は仕事をしていることになって、
さらに休日出勤なんかすると、6/7も仕事に時間をとられていることになりげんなりします。
でも、1週間を168時間ととらえると、
8時間勤務×5日間でも40/168、
休日出勤や残業があっても、自分の1週間に占める仕事の割合は随分小さくなります。
そして、仕事以外の時間、
自分のため、家族のために使える時間がたくさん見えてきます。

何かしようとするのに「時間がない」という人でも、
時間単位で把握すると、たくさんの「使途不明時間」があるはず。
その「使途不明時間」の使い道次第で、
「時間がない」から解放される・・・
といったようはお話でした。
(これは、先生の著書「1週間を168時間で考える」(中京出版)で詳しく書かれているそうです。)

よく考えると当たり前なんだけど、
言われてみるとはっとします。

そして、一番大事なのは、
いい訳を探すことよりも、どうしたら時間を生み出せるかを考えることだということも
改めて認識しました。

本間先生の講演は、このことだけじゃなくて、
心が豊かになる素晴らしい講演でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

いや~ん [子どもの成長]

汗っかきの次女。
まだ6月だというのに、もう肩から背中にかけて、あせもちゃんが出現。

お風呂上りにあせもクリームを塗ろうとして、
肩から塗り始めたら、
体をくねらせ上目づかいで
「いや~ん」

・・・・どこでこんなネタ覚えてきたんだ??

前の日は、保育園の帰り道に先生にあったそうです。
長女「H先生、かわいい~☆」
次女「M先生、かぼちゃみたい~☆」

・・・なんでかぼちゃやねん!

確かにM先生は緑いろの服を着ていたそうですが。

ほんと、面白い子です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ビーズのストラップ [子どもの教育]

昨日は、うちの会社の全社員を集めての研修があって、
その場で、ベトナム ホーチミンにあるSaint Vinh Son小学校への
学費支援の寄付あつめをしました。

ベトナムは、公立であっても学費がかかります。
都会にいくほど学費が高いので、都会にでかせぎにきている家庭の中には
子どもたちを学校に行かせる学費が払えない、
もしくは学校に行かせるよりも、家計のために働かせることを優先する家庭がたくさんあります。

この小学校は、そんな家庭の子どもたちのために、
学費を無償にしているだけではなく、
授業の空き時間にビーズストラップの制作をさせて、
作ったビーズを学校が買い取ることで、子どもたちの収入にさせています。
子どもたちが、お金を稼いできてくれるので、親も喜んで子どもたちを学校に行かせてくれるのです。

うちの会社のベトナム駐在員の方が、この学校の取り組みのことをおしえてくれ、
わたしがうちの会社でも、ビーズのストラップを職員に販売して、
この子どもたちの学費支援の寄付を募りませんか?と提案したのが通って
今回、400人を超えるスタッフが集まる研修の場でビーズストラップの販売をしました。

500個用意していたストラップ、289個売れて、
この売上を、8月にベトナムを訪問することになっている子どもたちが
Saint Vinh Son小学校に届けてくれる予定です。

もちろん、わたしもストラップを3つ買って帰りました。
自分の一つと子どもたちにひとつずつ。
このストラップを渡しながら、
この小学校の話を長女にしてみました。

あなたたちは、あたりまえのように学校に行けるし、
お勉強がしたいといえば、すぐにドリルを買ってもらえるけど、
そうじゃない子どもたちがいるのよ、
このストラップを見たら、そういう子どもたちのことも
思い出してあげてね。。。。

5歳の長女がどこまで理解してくれたのかわかりませんが、
ストラップの入った袋についていた、この寄付の趣旨が書かれたカードを
「ママ、その紙に今言ったことが書いてあるんでしょ。
 そのカード、とっておいて。」
といって、次女に、一生懸命わたしが説明したことを説明しはじめました。
もちろん、上手に言えないし、
2歳の次女は聞く気もないって感じでしたが・・。

長女の心の中に、わたしの伝えたかった思いがすとんと落ちた気はします。
保育園のかばんに、一生懸命自分でストラップをつけていました。
数年後には、きっとこのストラップの意味を
次女もわかってくれることでしょう。
100624_0416~01.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

アドバンスコースへ進級 [習い事]

先日、ピアノの先生から、
コンクール出場や音大受験を目指す子のために、
グランドピアノを設置してアドバンスコースを設けることになったというお話を聞きました。
1時間レッスンも設けて、かなり本格的な指導をするので、
移行するには先生の推薦が必要とのこと。
へ~と他人事で聞いていたら、
長女に「どうですか?」と打診されました。

うちの子、まだ5歳なんですけど・・・

よくよく聞くと、練習をしっかりしてきて、やる気のある子なら、
アドバンスコースでより早くにぐいぐい実力を伸ばすという趣旨みたい。

長女にどうする?聞くと、
「やってみたい・・・・」

一応、長女はもう初心者レベルは脱していて、
ここからアドバンスコースには入れるそうな。
もちろん月謝も高くなるので、
アドバンスコースに入るなら、それなりにしっかり練習してもらわんと。
ということで、
毎週課題として出された曲をしっかり練習することを条件に、
7月からアドバンスコースへ入れてもらうことにしました。

たぶん、長女が最年少だと思いますが、
意欲と年齢は関係ないし、
「わたしはピアノならだれにも負けない」という自信が、
ほかのことで悔しい思いをしたときに、長女の支えになってくれることを願って☆

ピアノの発表会のときに思ったのですが、
やっぱりグランドピアノの音色って、全然違うんですよね。
どんなピアノで練習させてもらえるのか、今から楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

キュウリの実再び [家庭菜園]

二つ目のキュウリの実が大きくなってきました。

花が落ちて10日後くらいには収穫できるそうです。

最近長女は水やりにも飽きてきたようですが、
夜中から朝にかけて雨がふり
水やりしなくていい日々の天気に助けられて?育っています。

美味しいキュウリになあれ♪
100622_0601~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

父の日クッキング [子どもと料理]

今年の父の日は、じいじのおうちで長女がお昼ご飯を作るとはりきってでかけました。
メニューはチャイルドクッキングで作ったスパゲッティナポリタンとキャロットケーキ。

お昼御飯を作るなら、10時にはついておかないと・・・と早めに家を出て、
じいじのおうちについたら早速エプロンつけてお料理開始。
次女もパプリカを洗ったり、わたしと一緒にベーコンを切ったりして応援です。
パプリカとウインナー、マッシュルームをたくさん切ってくれた長女は
フライパンに材料をいれて炒めた後、キャロットケーキの準備にかかりました。
粉をふるったり混ぜたりはもう得意です。
人参1本すりおろすのは大変だったので途中で交代しましたが、
まぜて型に入れるのは長女と次女ががんばってくれました。

大人5人、子ども2人分のスパゲッティをゆでるのも大変です。
食べやすいようにふたつにおって、お鍋に入れていくのを長女がやってくれました。
そして最後に具もたーくさん入ったスパゲッティをお皿にもってできあがり。
美味しそうなスパゲッティにみんな大絶賛。
100620_1200~01.jpg

実際、美味しかったです。
長女も次女もぱくぱく食べました。
食べている間にやけたキャロットケーキも美味しかった。
こちらは写真とるの忘れましたが・・・。
これだけの料理が1時間半でできるってたいしたもんです。

食後、次女はお昼寝。
長女は折り紙で七夕の作品をつくってました。
上手にできたから持って帰ると言って、
持って帰ってきてピアノの前にはりました。
100620_1744~01.jpg

長女大活躍の父の日でした。

あ、ちゃんとパパにも朝イチでお手紙を渡していましたよ。
「パパ いつもお仕事がんばってね」
パパ大感激でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
> 人気ブログランキング