So-net無料ブログ作成
検索選択

でんぐり返し [子どもの成長]

日曜日は久々に家族4人そろってのんびり過ごしました。

時間があったのでしばらくほったらかしだった
母子手帳の成長の様子を記入する欄に記入していたら
5才のところに
「でんぐり返しができますか?」
と言う項目が。
長女に
「でんぐり返しできる?」
と聞くとでんぐり返し自体が何かわかっていない様子。

布団の上でやってみせると
面白がって練習を始めました。
最初は首をおかしくしそうで怖かったけど
直ぐに転がることはできるようになりました。
転がった後起き上がるところまでは到達しませんでしたが
楽しそうでした☆

次女も果敢に真似しようとしますがさすがに無理。
仕方なくコロンコロン横に転がってました。

二人が並んでねっころがっていると
次女のほうがお腹の厚みがすごいのがおかしくて(^w^)

平和な日曜日でした☆
nice!(0)  コメント(0) 

トマト成長中 [家庭菜園]

我が家のトマトとキュウリ、順調に成長しています。キュウリのツルが出てきました。

先日次女はおばあちゃんと一緒に
キュウリの鉢に夏ミカンの種を植えたそうです。
芽が出てくるかしら?

今まで霧吹きでお水あげていたのですが
そろそろジョウロを買わなくては。

ちなみに保育園で育てている長女のピーマンは
もう白い花が咲いていました。
ピーマンって白い花が咲くのね~。
(なんせ初心者なもので知らないことばかり)

ずっと拒否していた野菜づくりですが
はじめてみると面白いものですね。
100530_1412~01.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

お友達とのケンカ [保育園]

1昨晩、長女が寝る前に泣きながら訴えてきました。

お友達が遊んでくれなくて、夕方ずっと一人ぼっちで過ごしていたこと
あるお友達が、長女を傷つける発言(できなかったことを責めたりけなしたり、
ほかのお友達にも、この子と遊ばんとってというなど)をするということ
お友達に仲間にいれてもらえなくて先生と二人で外で遊んだということ

わたし的には1対1のケンカは大いに結構なのですが、
最後の仲間にいれてもらえなくて先生と二人で外で遊んだ、というのが気になりました。
集団対1で孤立しているのかしら?
長女の言うことが100%正しいとは思えないけど
事実確認だけはしておいたほうがいいかと思い、
夕方お迎えのときに、担任の先生に聞いてみました。

先生のお話で、
確かに長女を傷つける発言(被害者は長女だけではないそうですが)を聞くことはあるので
耳に入るたびに、そう言われる相手の気持ちを考えなさいということは繰り返し話をしているということ、
このトラブルは、今先生自身も一番気をつけてみていることであるということ、
お友達に仲間にいれてもらえなくて先生と二人で外で遊んだという事実はないこと、
がわかりました。

とりあえず、クラス全体の中でいじめられているというわけではないことがわかってほっとしました。

実際、先生とわたしが話をしている間、
長女は相手のお友達と仲良く遊んでいて、
夜も「今日は優しくしてもらえた」と報告してくれました。

お友達も、長女自身も、
こういうぶつかりあいを通じて、
相手の気持ちになって考えることを少しずつ学んでいるのだと思います。

しかし、親が子どものケンカにどこまで口を出すべきかは悩ましいところです。
ママ友に相談すると、子どもがSOSを出してきた以上は、
子どもが「もうママになんて相談しても無駄だわ」と思わないようなかかわりをしないと、
これから小学生、中学生になってもっと複雑な人間関係に悩んだときに、
SOSを出してくれなくなるのが怖いと思うと話してくれました。
それも確かにそうだな、と思います。

まずは担任の先生とのコミュニケーションをしっかりとって、
子どものSOSをしっかり受け止めてあげられるようになりたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

もっと誉めてほしい [子どもの成長]

次女が退院してきた日の夜、
寝る前長女が
「あーちゃんばっかりほめてる。わたしのことはほめてくれない!」
と泣いてあばれました。

確かに、元気になって、フットワークも軽く食事の配膳準備や
後片付けをする次女をおばあちゃんも、パパもわたしもほめちぎっていたのですが、
準備のお手伝いもしないし、
食事中もおしゃべりしたり遊んでばかりで食がすすまないし
お菓子ばかり食べたがりすぐにごろごろする長女には、
ほめるよりも小言のほうがたくさんでていたと思います。

ほめることは大事ですが、
ほめる理由がないのにほめるのもなぁと思い、
「そうか、ママ、何したときにほめるの忘れたのかな?」
と聞いて見ると、自分でも思い当たることがないだけに
さらに悔しくて大泣き。

「明日は、ママもいっぱいほめたいから、ほめられるようないいこといっぱいしようね」
というと、わかった、といって寝ました。

次の日、おばあちゃんには
ずっとママがいなくてさみしかったから、甘えたかったのよ、と言われて
ちょっと厳しすぎたかな、と反省。
確かに2歳の次女と5歳の長女では、
ほめられるレベルが違って、
ほんとにちょっとしたことでもほめられる次女のことがうらやましかったのでしょう。

今朝は、意識して長女をたくさんほめるようにしていたら、
朝食もぱくぱく食べてくれ、とても気持ちよく朝出かけることができました。
ほめるといいサイクルができるね、とパパも納得。

たくさんほめてほしいのは赤ちゃんも子どもも大人も一緒。
これからもたくさんほめてあげようと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

退院しました! [子どもの病気]

昨朝は、夜中に鼻血を出していたものの
酸素なしでも血中酸素濃度は下がらず、
朝イチの採血でもすべて正常値に戻っていて、
朝9時頃、退院の許可をいただきました。

じんましんはひどくって、抗ヒスタミン薬に加えて
ステロイド内服液まで処方されました。
こんなにひどいじんましんは初めてなので、
ちょっと心配です。

ちなみに、夜中の鼻血もじんましんと関係があるそうで、
血液関係の変な病気ではないようでそれだけほっとしました。

大きい病院なので、退院の手続きに異常に時間がかかり、
いらいらしての退院でしたが、
退院には間違いありません。

あーちゃん、よく頑張った!

そして、わたしも昨日は久々にお風呂にゆっくり入って、
寝がえりのうてる布団で眠れて、
やっと体の重さがとれました。

ほんと、健康第一です。
nice!(0)  コメント(0) 

肺炎なんかに負けないぞ [子どもの病気]

昨日の朝の回診ではかなり回復しているので
ステロイド点滴は切って様子をみましょうとのことでした。
胸の音はまだ良くないそうですが
前の日の朝にかなり重症と言われていたのに比べれば
かなりの回復です。

昼間わたしは前の日にかけつけてくれたおばあちゃんに交代してもらい
仕事に行っていたのですが
昼間もとてもいい子にしていたとのこと。
お昼寝の前だけママ~と泣いたそうですが
目を覚ますとすっきりしてまた元気に過ごしていたそうです。

ただ、またじんましんがひどくなってしまい
別のお薬を服用することになってしまいました。
顔も含め全身かなり赤くなって見ているだけでかゆそうです。
(本人はあまり痒がりませんが)
早く薬が効いて腫れが落ち着いてくれるといいんだけど。

夕方、早朝の鼻血で汚れた包帯をやっと交換してくれたのですが
失敗して点滴が外れてしまいました。
幸い腫れてくることもなかったので
そのまま点滴を外して様子を見ることに。
これはラッキー♪
後は酸素濃度のモニターだけなので随分身軽になりました。

寝てすぐと寝ている間にまた鼻血を出していたのが気がかりですが
今日朝ご飯前に採血があり、
これに合格すれば退院です!

頑張れ!あーちゃん。
肺炎に勝つまであと一息!
nice!(0)  コメント(0) 

入院3日目 [子どもの病気]

昨朝の回診では血中酸素濃度がかなり低く、
入院してからの治療の効果を検査で確かめなければならないと言われ、
朝から血液検査にレントゲンで大泣きだった次女。
午前中はずっと抱っこでぐったりしたままだったのですが、
午後半休とってきてくれたパパと交代してからは
わりと元気に過ごしていたそうです。

夕方戻ってきたときにはすやすや寝ていて
その間に先生が検査結果を説明してくれました。

肺炎の影はだいぶ小さくなっていて今までの治療の効果が出ていること
血液検査の値をみるとあと3日くらいで退院できそうなこと
但し値と症状は必ずしも同じではないので確実な退院予定ではないこと
今回の喘息発作は肺炎によるものなのかアレルギーによるものなのかは判定が難しいが
退院時に一連の経過を踏まえての見解を伝える

そんな感じのお話でした。
まずは回復に向かっていることがわかって安心しました。

昼寝から目を覚ましてからは機嫌良く
酸素のレベルを下げてもらいました。

朝方鼻血を出してびっくりしましたが
直ぐにとまり、今は落ち着いて眠っています。
着替えたりしている間酸素を外していたのですが
特に値が低くもならなかったので
酸素チューブを外してくれました。
このまま血中酸素濃度も安定してくれることを祈ります。

昨晩北海道から母がかけつけてくれ
煮物やサラダを置いて行ってくれたので
わたしもやっとまともな食事ができました。
感謝、感謝。

さあ、今日も1日頑張ろう!
nice!(0)  コメント(0) 

三度目の入院 [子どもの病気]

金曜日に使った解熱剤のおかげで熱は一旦下がり
土曜日の朝には元気に歌ったり踊ったりしていた次女ですが
かかりつけ医に連れて行くと血液検査の値が異常に高いと言うことで
胸のレントゲンを撮りました。
結果は見事に肺炎。
即入院と言うことで家に帰って準備してすぐタクシーで救急病院へ。

ここは前回入院した病院と違い救急病院なので
急患が次々救急車で運ばれてきて診察にも検査にも時間がかかります。
検査の結果かなりひどい肺炎ということがわかり入院病棟へ。

ショックだったのはこの病院では小児科の個室は重症患者専用で
4人部屋の相部屋に入らなければならなかったこと。
相部屋のため感染防止に15才以下の子どもは病室に入れないと言うこと。

日曜日パパは試験で不在なので長女をどうしようと思って
保育園のママ友たちにヘルプメールをしたら
Mちゃんママが快く預かってくれることに。
長女も終日お友達と遊べると大喜びで本当に助かりました。
持つべきものは友達です。Mちゃんママ、いつもありがとう!

土曜日はまだ熱が高かったのと検査疲れで
早々に寝てしまった次女ですが、
日曜日は熱も下がり元気に起きてきました。
起きている間は元気に絵本を読んだり遊んでいましたが
遊んでいるとしんどくなるようで
午後は4時間ほど眠りました。

夜パパと長女が荷物を持ってきてくれ
面会スペースで会うことができました。

その時は本当に病人か?と言うくらい元気で
長女からパンを奪って食べていた次女ですが
血中酸素濃度は低いまま(>_<)
今朝から吸う酸素の量を増やして様子見です。

今朝の回診でも土曜日からの治療の効果が出ていないので
再度検査をして治療方針を再検討すると言われました。
まだまだ入院生活は続きそうです。

頑張れ!あーちゃん。
肺炎なんかに負けないで!
nice!(0)  コメント(0) 

陶芸体験 [保育園]

金曜日、長女は保育園の年長組さんの陶芸体験に参加してきました。
前日熱を出して、ひやひやしていたのですが、
当日はパワー全開!
元気に保育園に行きました。

お皿をつくったそうで、
焼きあがって届くのが楽しみです♪

しかし陶芸体験の場所は篠山のほうで、
お弁当をもってのバス遠足。
お弁当を用意する母はちょっと大変なのですが(^^;;
帰ってきたらいつも通り、お弁当箱はぴっかぴか。
しかも夜、こんなお手紙まで書いてくれました
「ままへ いつもおいしいおりょうりつくってくれてありがとう
 きょうのおべんとうすごくおいしかったよ・・・」

こんなお手紙もらったら、次回もがんばろう!と思っちゃいます。
ほんとに優しい子です。

おもしろかったのは、帰りのバスでは、
将来結婚する人とおとなりにすわったの!という報告。
長女はRくんのおとなりに座って、
Rくんをトントンして寝かしつけてあげたとのこと。
ほほえましい光景が目に浮かび、
ほんわかした気持ちになりました☆



nice!(1)  コメント(0) 

病児保育 [子どもの病気]

月曜日の午後次女が熱を出しました。
39℃超えたので病院に行くと咽頭炎とのこと。
火曜日は朝37℃台に下がったのですが夕方38℃を超え、
水曜日も昼寝後39℃5分まで上がりました。
さあ木曜日どうしよう?

木曜日はどうしても欠席できない打ち合わせがあってわたしは会社を休めません。
パパにも火曜日休んでもらったばかり。

ここは病児保育デビューさせるしかないか、と思い
ママ友がいつも利用しているという病児保育に問合せてみました。

「初めてなんですけど明日預かってもらおうと思ったら
どんな手続きが必要ですか?」
「登録はされてますか?」
「いえ。していません。」
(事前に登録がいるのね。確かにそんな話も聞いた気が。。。)

「まずかかりつけ医に診てもらって医師連絡票を書いてもらって下さい。
それからこちらで預かれるかどうか判断します。」
「今の時点で明日の空きはありますか?」
「今のところお預かりできますが明日朝になるとわかりませんね。」
「二人なんですけど。。。」
「二人は厳しいかもしれません。」

前日予約をするためには18時半までに医師の診察がいるようで
間に合わないと翌朝の予約で空いてる可能性薄い(>_<)
困ってたらパパが休みをとってくれました。

病児保育利用には事前の段取りが必要なことがよくわかりました。

そして今日は私が休んでいるのですが未だ39℃。
アデノウイルスが怪しいようです。
アデノウイルスだと月曜日保育園行けるかも微妙な気がします(>_<)

明日は病児保育見学と登録でも行こうかな。。。
電車に乗っていかないといけないので、
気軽には行けないのが難ですが、
こんな難局はこれからもありそうな気がします。
nice!(0)  コメント(0) 
> 人気ブログランキング