So-net無料ブログ作成

学童保育 [学童保育]

昨日ワーキングマザーサークルのママ友にあったら、
今から学童保育の説明会だと忙しそうにしていた。
先週抽選があって、希望のところに通ったからまだいいんだけどね、とのこと。

この地域は子どもの数が多いのに
学童保育は校区に1つくらいしかないから、
人気の学童保育は抽選なのだ。
抽選だから、保育園の入所のときみたいに、
フルタイムだからとか、祖父母が遠方だからといった事情は
全く考慮してもらえない。
だから、抽選にはずれて、希望の学童に入れなかったら、
カギっ子にするか、
習い事で週5日をうめるか、
ファミリーサポートといった別の制度で子どもをみてもらうか、
仕事をやめるしかない。
これがいわゆる「小1の壁」

うちの長女も来春には小学生。
小1の壁は、全然他人事じゃない。
行かせたい学童保育がないなら、
自分が行かせたい学童保育を自分で立ち上げようかと考えていたんだけど、
試算してみると、学童保育の経営って、かなり難しいことがわかった。
今、学童保育で指導員をしているママ友にも話を聞いてみたんだけど、
助成金があって、人件費を削って、やっと成り立っているという感じらしい。

そんな中、29日の日経に、
人材派遣の会社が、学童保育をこの春からOPENさせるという記事がのっていた。
早速HPを調べてみると、
主婦向け人材派遣の会社だった。
きっと、登録してくる主婦の方の、
子どもを預けて働きたいけど、預け先がないという切実な声にこたえたんだろうと思う。
学童保育を経営して採算とるのが難しいのはよくわかるから、
素晴らしい会社だな、と思った。

うちからは遠いから、さすがに利用することはできないけど、
ちょっと話を聞いてみたいなと思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

リラックマの絵 [子どもの成長]

今日保育園で長女が描いてきたリラックマの絵。

「りらっくま」と「こりらっくま」と書いてあったので
「こりらっくま」は肩凝りなん?と聞いたら
「違う!お母さんと子どもなの!」

「凝り」らっくまじゃなくて
「子」りらっくまだったのね(^_^;)

でも上手にかけてます。
100129_1957~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

アメリカ出張 [子どもの成長]

土曜日からパパがNYに出張に行っています。

夜寝る前にパパからメールがきていたので
パパがいるところは今、朝でこれからお仕事なんだよ、
と言うと、長女が「なんで?」

既に布団の中だったので地球儀を取りにいくのが面倒で
握り拳を太陽と地球に見立てて説明してみた。

地球は丸くてくるくる回ってるの。
日本がここで太陽の光が当たってるときは昼間、
当たらないこっち側は夜。
今パパがいるアメリカはこの辺だから
日本がこっち側で夜のときは昼やねん。

長女「じゃあ朝はどこ?」
お、いい質問!
朝はこの辺。
地球がこうやって回るから
昼がきて夜がくるのね。
日本に夜がきたとき
アメリカはこっち側にきたからほら、朝だよね。
だから今パパのいるところは朝なの。

長女「わかった!」
え、本当?
これだけでわかるってめちゃくちゃ賢い!?

長女「地球がくるくるくるくる回って~、だから朝なんだ~」
う~ん、この手の動かし方からして
まだ理解できてない感じ(^_^;)

ま、地球の自転なんてまだ分からなくて全然問題ないんだけど。
今度聞かれたら、地球儀使って説明してみよう。

朝起きたら
「今アメリカは夜?」
と聞く長女。
「そうだよ。」
と言うとパパにメールで伝えてとリクエスト。
「朝ごはんぜんぶたべたよ。パパ、おやすみなさい。」

早速パパにメールしてあげました。
きっと、アメリカでにこにこ顔で読んでくれていたことでしょう。

しかし、地球の反対側にいるというのに、
すぐにメッセージが届けられる。
すごい世の中になったもんだと改めて思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

学習計画 [子どもの教育]

昨晩、夕食時にカレンダーを見ながら長女が言いました。
「2月は忙しいねん。」
母「なんで?」

お誕生日があるからかと思いきや、長女の答えは
「2月の14日には漢字ドリルを終わらせて、
 2月21日には、カタカナドリルを終わらせて、
 2月28日には、たしざんドリルを終わらせるねん。
 大変やわ~」

・・・確かに大変です。

しかし、食後、早速漢字ドリルに取り組む長女。
最初に買ってもらった漢字ドリルは、もうあと2ページで終わりというところまできています。

このお勉強好きっぷりにも感心しますが、
それ以上に自分で学習計画をたてて宣言、実行しようとするのに感心しました。
まだ5歳にもなってないというのに、すごいなぁ。

・・・感心ばかりしてないで、わたしもがんばらなくっちゃ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

電子ピアノ購入 [習い事]

今年はピアノをがんばる!と宣言していた長女ですが、
最近の課題曲はちょっと難しく、
なかなか練習しようとしません。
プライドの高い長女は、自分が弾けないということが、
くやしくてやる気をなくすようです。

普段、練習しなさいと言わないわたしですが、
せっかく自分がやりたいといってはじめて、目をみはるスピードで上達していたピアノを
練習しない→弾けるようにならない→つまらない→ピアノなんてきらい
という悪循環に陥り、最悪やめてしまうのはもったいない。

ピアノを買ってあげたらやる気になるかなぁ~、
でも買ってもやる気にならなかったらもったいないなぁ~と
いろいろ考えていた矢先。
とうとううちのキーボードでは鍵盤が足りない音がレッスンで登場。

練習したくても物理的にできないというのはやはりかわいそうなので、
思い切ってピアノを購入することにしました。
・・・といっても、マンション生活の我が家に大きなピアノはおけません。
買うなら、奥行き30cm足らずという超スリムサイズの電子ピアノと決めていました。

楽器やさんで試してみると、電子ピアノといっても、昔のエレクトーンとは全然違って
鍵盤のタッチも、音も、ホンモノとそん色なし。
とくにYAMAHAの電子ピアノの音は、YAMAHAのピアノと同じで感動しました。
でも、検討の結果、
奥行きの少なさと白い本体でリビングにおいても圧迫感がない、ということで
KORGの電子ピアノに決定!

搬入にちょっととらぶって、注文してから到着には1週間ほどかかりましたが、
やっと家で電子ピアノで練習できるようになりました。
もちろん長女は大喜び。
ヘッドホンをつけると音ももれないので、朝でも夜でも気が向いたときに自由に練習できるのも気に入って、
買ってからはほぼ毎日ピアノに向かうようになりました。

ヘッドホンつけてるので、どれくらい上達してるのかはわかりませんが。。。
次回のレッスンが楽しみです♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

鏡割り [季節行事]

長女が14日飾っていた鏡餅を持ってきて
このお餅、食べたい~と言ってきた。

明日鏡割りだから明日朝早起きして割って食べようね、と言って
15日は朝小豆を炊いて長女を6時に起こした。

お餅割るよ~と言うと
さくっと起きてきた長女。
パパと一緒に鏡餅を包丁で切ってくれました。
次女も何が起こるのかと
私の抱っこで高いとこから興味津々で見学。

切ったお餅をレンジで柔らかくして
甘くにた小豆に入れて
朝からお汁粉。
お餅の苦手な私はパスしたけど
3人はパクパクたくさん食べてました。

子どもが生まれてから
それまで全然興味なかった日本の伝統行事を大事にするようになりました。
子どもに正しくその意味を伝えるためにうんちくも調べるし
子どものお陰で私もいろいろ学んでいます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ケガしちゃいました [保育園]

水曜日9時半頃携帯がなりました。
表示されている電話番号は保育園。
朝次女の咳と鼻水がひどかったので
やっぱり熱が出たか(>_<)と思いながら電話に出ると
長女の担任の先生から。
「申し訳ありません。〇ちゃんが椅子から落ちたときに
ブロックの角に頭をぶつけて出血しているんです。
病院に連れて行きます。
またご連絡します。」
え?頭から出血?
あまりにびっくりしてどんなやり取りしたのかよく覚えていない。

しばらくしてまた電話がなった。
再び担任の先生から。
「かなり出血しているので1針か2針縫った方が治りが早いそうですが
縫ってもらっていいですか?」
そんなにひどいの?大丈夫なん?
でも治療はお医者さんにお任せするしかないので
縫ってもらうようにお願いした。

またしばらくして今度は主任さんから電話。
一針縫って保育園に戻ってきたとのこと。
長女の様子を聞くと、
特に泣くこともなく元気にしているという。
すぐに迎えに行った方がいいかと聞くと
出来ればでいいということだったので
一区切りついてから会社を出て
保育園に着いたのは昼過ぎ。

園長先生と主任さんが申し訳ありませんでした、と頭を下げて出迎えられ
主任さんから説明を聞く。
お友達と遊んでいるときに
ベンチから滑り落ち、
そのとき運悪く落ちてたブロックの角に後頭部をぶつけて
ケガをしたということらしい。
なんてドンクサイ(^_^;)
先生方に謝られるのに恐縮してしまう。

頭の傷は痛々しいけど
1日家でおとなしくしてたら
翌日は消毒しても痛みはなくなったようで
元気に過ごしています。

来週抜糸だそうで、その時も保育園の先生が連れて行きますとのこと。
ケガするのは元気な証拠だからいいんだけど
頭打つのは怖いからもうやめてほしいなあ。
あと顔にもケガしてこないでほしいなあ。

何はともあれ重症にならなくてよかった、よかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

保育園の給食 [保育園]

今娘たちが通っている保育園は食育にすごく力を入れていて
給食は仕出し屋さんが玄米ご飯を主食に
旬の素材を生かした美味しい給食を出してくれます。
おやつも毎日手作り。
その日の給食が玄関に展示されていて
お昼とおやつに何を食べたのか迎えにきた保護者がわかるようにしています。

いつも美味しそうだなあと思いながら見ていますが
クリスマスの立派なローストチキン、
きちんと重箱に入ってきれいに盛り付けられた
ミニおせちには毎年びっくりします。
今年のおせちはお頭つきのエビに黒豆
昆布巻き、栗きんとん、伊達巻など。
お節って子どもの頃大して好きではなかった気がするのですが
ママ見て!今日の給食!と
子どもたちは笑顔で給食が美味しかったことを報告してくれます。

青菜嫌いの長女が1月7日のおやつに出た七草粥を
美味しかったから家でも食べたいと言うんだから
本当に美味しく料理してくれているのだと思います。

そして毎年1月17日(今年は日曜日のため15日)は
震災の日ということで
給食は豚汁とおにぎり、おやつに乾パン。
粗食になってしまうけど
震災の日のことを忘れないでほしいと言う思いが
給食室から伝わってくるようです。

自分たちが育てた野菜も
給食室に自分たちが届けて料理してもらうそうで
作ってくれる人の顔が見える
直接感謝の気持ちを伝えられる給食室のある保育園、いつも心から感謝しています!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

長女行方不明事件 [子どもとおでかけ]

10日はハーバーランドでプリキュアショーがあると保育園のママ友におしえてもらい、
保育園のお友達姉妹と我が家の姉妹、そしてママふたりでハーバーランドにおでかけ。

プリキュアショーはすごい人だかりで、
長女とお友達は人垣をかきわけて前のほうに見に行き、
わたしは次女を高く抱っこしてなんとか見せようとしたのだけど。
途中で長女が戻ってきて一言
「悪者がこわかった・・・。」

普段アニメをみてなくて、
塗り絵などにでてくるキャラクターしか知らない長女には、
悪者が出てきての戦闘シーンは刺激が強すぎたようです。
次女も
「ミドリのあたま(悪者)のがこわかった・・・。」
とつぶやきながら眠ってしまい(><)
どうもうちの子たちになんチャラショー見学というイベントは向いてなかったようです。

まぁでもそのあとのプリキュアとの写真撮影会は、
お友達と一緒にキュアパインと並んで写真がとれて
(プリキュアにあげるの!といって大事にもっていったきせかえ人形は受け取ってもらえなかったけど)
「写真もとれたし、お人形もありがとうってにぎってくれたし、よかったね~」
ということで満足して帰ってくれるはずだったのですが。

帰りの電車を降りて、わたしとママ友は2歳の下の子を階段で下すのに一苦労、
やっと改札までたどりつくと、長女とお友達の姿がありません。
「え?」
駅員さんに、
「4-5歳の女の子がふたり、改札通りませんでしたか?」
と聞くと、
「いやー、みてないですね」
とそっけない一言。
北側の改札にも行って
駅員さんに聞いてみても
「女の子だけ二人で通るのはみてないです」
との答え。
どこ行っちゃったの??

あせって、下の子をママ友にまかせてダッシュするわたし。
よくいく近くのスーパーまで行って大声で呼んでも
返事はないし、声も聞こえない。
泣きそうになって戻ってくると、ママ友が
「うちの子はよく北側に出ることがあるから、北側の改札のほうもっかいみてくる!」
とダッシュ。
でも、数分後、「おらん。。。」と戻ってきた。

ママ友の家のほうが近いので、
もしかしたら二人で帰ってるかもしれないから、見てくる!と
ママ友はおうちにダッシュ。
わたしはもう耐えられずにパパに電話
「長女がいない。。。」
三宮にいたパパは、「すぐいく」と向かってきてくれました。
何も知らずに無邪気に遊ぶ下の子二人をみながら、
長女になにかあったらどうしよう、もう悪い想像ばかりがふくらんで、
携帯を握りしめていたらママ友から電話。

「もう信じられへん!うちの子家戻っていて、しかも、あーちゃん(長女)は家にかえったっていうねん!」
「え~~~!!!わかったすぐそっち向かうわ!」
ほんとはダッシュしたかったけど、
下の子二人連れて、ゆっくりゆっくり歩きながら、
お友達は見つかったからよかったけど、長女はお友達の家からちゃんとうちに戻れているのか、
心配で、心配で。。。。

途中でママ友にお友達の妹を引き渡し、
わたしはもう我慢できずに次女を抱っこして家に走った。
マンションの入り口で、
長女が知らないおばちゃんと手をつないで出てこようとしているのが見えた。
「ママ~!!」
やっと長女の声が聞こえて、
ほっとしたら、涙がボロボロでて、長女を抱きしめて二人で泣いた。
「どうして一人で家に帰ったん!」
「ママがいないから、おうちにいるかと思ったの。。。」

どうやらわたしたちがなかなか出てこないから、
お友達に「行こう!」といわれて「うん!」とノリで駆け出してしまい、
お友達のマンションの前まで一緒に行ったらしい。
そこでバイバイしたときには、ママがもう先にうちに帰っていると思い込んでしまい、
マンションまで戻ったはいいけど、もちろん鍵は開いてなくて、
家の前で大声で「ママー」と泣いていたら、
その泣き声を聞いた同じフロアの家の方が心配して出てきて
長女に話をきき、駅ではぐれたなら、駅まで一緒にママを探しにいこうか、といって
マンションを出ようとしたところだったそうだ。
普段全然交流がないのに、親切に長女に声をかけてくれたお母さんにお礼を言って、
家に帰った。

とりあえず、パパとママ友に、長女が見つかったことを報告して、
まだ涙がとまらない長女を抱きしめて、
もうママから離れて子どもだけで走っていっちゃだめだよ、と話した。
その後帰ってきたパパは、
お友達と一緒にいてママとはぐれたときは、絶対一人になったらあかん、
一人になったら心が弱くなって涙が出てきちゃうし、
そういうときに悪い人に連れて行かれることもあるから、とおしえていた。
たぶん、今回かなり懲りたと思うので、
一人でどっかいくような冒険は当分しないとは思うけど。

いつの間にか、駅から家まで一人で帰れるようになってたんだ。。。ということには感心した。
一人で二人連れて出かけるときは、下の子にかかりっきりで、
長女はほったらかしにしがちだけど、
たったかすぐに走っていってしまうこの子のことも、
気をつけておかないといけないなとわたしもかなり反省したのでした。

あーでも本当に、見つかってよかった!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

姉妹ケンカ [子どもの成長]

最近よくうちの娘たちはケンカするようになった。

よくあるパターンは、

長女が次女の持っているものをとる
      ↓
次女が怒って叩く
      ↓
長女が「痛い~(涙声)ごめんねゆってー」
(ちょっと泣き声)
      ↓
次女(ちょっとしおらしい声で)「ごめんね~」
      ↓
長女(まけじとしおらしい声で)「いいよ~」
      ↓
何事もなかったかのように一緒に遊び始める


昨日は、最初を見てなかったのですが、もうちょっと激しく

次女が長女をバシバシ叩く
(たぶん何かを取り上げられたのでしょう)
      ↓
長女「痛い~」(うずくまって泣く)
      ↓
さすがに痛そうだったのでわたしが次女を怒る
「叩いちゃだめよ。なんで叩くの?」
長女はわたしに抱きついて来て泣く
     ↓
次女が口をとがらせて説明する
「あーちゃん(姉)も叩いたもん!」
母(長女に)「叩いたの?」
長女「叩いてない~」
次女「だって、スープごくごくして、くまちゃんがねんねしたもん!」
母「???」
次女「折り紙して、絵本読んで、・・・・もん!」
母「?????」
ここで耐えられず笑ってしまいました。
一生懸命説明しているのですが、
自分でも何を話しているのかわからなくなっているのがかわいくて(^^;;

長女「ごめんねゆって!!」
あそうだった、笑ってる場合じゃなかった。まだケンカは続いてたのね。
次女「うわ~ん!!ママ、抱っこ~」(とうとう泣きだす)

ふたりを膝にのせて抱っこして、しばらくしたら
次女は「ごめんね」
長女は「いいよ」
そしてまたいつものように、何事もなかったかのように、
ふたりでコロコロ大笑いしながら転げまわって遊びはじめたのでした。

まだまだお姉ちゃんとはりあえるほどおしゃべりが上手じゃない次女にハンデありって感じですが、
もう1年もしたら、対等にケンカできるようになりそうです。

ぶつかりあって、我慢するところは我慢して、仲直りして・・・
ケンカされるのはあまり気分がいいものではないのですが、
ケンカも社会性を育てる大切な経験。
姉妹がいるっていいことだと思うのです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
> 人気ブログランキング