So-net無料ブログ作成

秋の遠足 [保育園]

昨日は幼児組の秋の遠足でした。
前々日から長女はお弁当に何入れようかで盛り上がってましたが
遠足に行けない乳児組の次女は羨ましさいっぱい。
前日長女が用意したお弁当箱を空けたり閉めたりしながら
「〇ちゃんのお弁当は~?」
残念ながら3才児クラスにならないと遠足は行けないんです。
あと2年我慢しないとね~

さて長女のお弁当のリクエストは
タコさんウインナーに大学いも、栗御飯とサンドイッチ。そして柿。
なかなか大変な課題です(^_^;)
私は朝4時前に起きてお弁当準備。
栗御飯は御飯に甘栗を混ぜて小さなおにぎりに。
サンドイッチにするバターロールは
パパが天然酵母で全粒粉入りバターロールを焼いてくれたので
それに茹で卵のマヨネーズあえを入れるつもりが
なんとマヨネーズがなかった(>_<)
仕方ないのでバーミックスでマヨネーズも手作り。
上手くとろみがつかずパパにはこれはマヨネーズじゃないと断言されましたが
まあいいことにしよう。

と、お弁当準備も着々進めていると
いつも寝起きの悪い長女が満面の笑顔で起きてきた。びっくりして時計を見るとまだ5時。
まだ早いよ、と言ってももう目が覚めた!と寝ようとしません。
楽しみすぎて寝ていられなかったらしい。

さて、お弁当も水筒も用意ばっちり。
天気も快晴。
張り切って出かけていきました。
行き先は丹波年輪の里というところだったそうで
木を使っての工作もしてきたとのこと。
私が帰宅すると満面の笑顔でお帰り!と飛び付いてきてくれました。

もちろんお弁当も完食だったそうで、
朝早くから頑張って作った甲斐がありました。
また保育園に写真が張り出されるのが楽しみです♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

運動会の絵 [保育園]

運動会が終わった後に長女が保育園で描いた絵が
長女のクラスの壁に貼られていました。
お友達もみんな本番で並んだ順番通りに描いたそうです。

あまりに上手でびっくりしちゃいました。
091021_0733~02.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

2才になりました&卒乳しました [子どもの成長]

10月18日は次女の2才の誕生日。
朝5時に起きてきた次女ですがなんと37.6度の微熱。
お誕生日だというのに
この秋冬の風邪引きまくりを暗示するかのような1日のスタート(>_<)

しかしプレゼントの姉とお揃いのワンピースと
木のおままごとセットで超ご機嫌に遊び始めました。
これだけ喜んでくれたら
プレゼントをあげた方も嬉しくなります。
ちなみにプレゼントしたのは
木の包丁まな板とマジックテープでくっついた野菜やパンのセットでした。

今日は近所の公園で秋祭りだったんだけど
お友達見つけてノリノリの長女と対照的に元気のない次女。
こらあかんと楽しみにしていたミニSLだけ乗って
早々に帰宅しました。
お昼のカレーは完食したし、
お昼寝をしっかりしたので目が覚めてからはずいぶん元気になりました。

さてお楽しみのケーキはルイブランの10cmのホールケーキ。
四人で食べるのにちょうどいいサイズかつ
甘いクリームの苦手な長女がペロリと完食してまだほしいと言うほどの美味しさ。
次女は2本のろうそくを上手にふきけしてくれて
皆大満足の楽しいケーキタイムでした。

さて2才の誕生日の最後の大イベントは次女の卒乳。
ずっと前から2才になったらおしまいにしようね、と言っていたものの
本当にやめれるんか?と疑わないくらい寝る前のおっぱいが欠かせなかった次女。
案の定寝る時になると横抱きの姿勢になって大暴れでしたが
意外とすぐに諦めて自分で
「おっぱいなしでねんねする。もう2才だもん。」
と言いました。
これにはびっくり。
「そうだね。えらいね。もう2才だもんね。お誕生日おめでとう。」
わたしが言うともう抱っこもせがまず一緒に布団に横になって
「おっぱいなしでねんねする。もう2才。誕生日おめでとう。」
と何度も繰り返しながら寝ました。

時間はかかったけど、
自分でちゃんと離乳した次女が
すごくお姉ちゃんに見えて
じーんときてしまいました。

お誕生日おめでとう。
これからもゆっくり大きくなあれ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

自転車練習中 [子どもの成長]

最近長女の保育園のお友達は、
自転車の補助輪をはずして乗れる子が増えてきた。

5歳になったのを機に・・・という子が多いので
2月生まれの長女にとってはハンデもあるのだけど、
「まだコマつきなん?」
と友達に言われるのも悔しいようで、
最近パパとコマなしで乗る練習を始めた。

※みんな普通に補助輪のことを「コマ」っていうんだけど、 これって関西弁?
  実はこの言葉、耳馴染みがなかったりする。。。

ここで障害になっているのが、自転車のサイズ。
みんな12インチくらいの自転車で乗っているんだけど、
長女の自転車は16インチ。
背も低いほうの長女は、足がぴったりつかないのだ。
だからバランスもとりにくい。

先週はパパにしごかれて(?)
すっかり自転車の練習が嫌になってしまった。
でも、10インチの自転車に乗っているお友達の自転車を借りて乗ってみたら、
乗れるじゃないか!
手を放してもちょっとだけ自分で乗れてました。

ってことは、やはりサイズが問題なのよね。
子どもには、いくら使える期間が短くても、
成長にあったものを与えないとだめやね、と反省して、
12インチの自転車を買うことにしました。

長女がコマなし自転車でスイスイ乗れる日も近い・・・かな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

長女4歳・次女1歳の運動会 [保育園]

10月10日は保育園の運動会。
娘たちは前の日から昨年の運動会のビデオを見て
イメージトレーニングはばっちり。
今年は4才児クラスと1才児クラスで出番が結構あるので
張り切って開門時間に行きビデオ撮影用の場所とりもばっちり。

保育園では退院したばかりの次女にいろんな先生が
「元気になってよかったね~」
と声をかけてくれるんだけど
次女はいつもと違う空気を察したのか変な顔。
いざ1才児クラスの出番と言うときに
とうとう大泣きしてしまった。
泣いてしがみついて、障害物競争なんてできたもんじゃない(>_<)
結局最初の障害物競争ではずっと泣き続け、
次の出番のお遊戯では泣き疲れたのか最初から最後までずっと寝てました。

まあ仕方ないか。
長女の1才の運動会も、お遊戯の間中ずっと私にしがみついていたのを思い出しました。
まして前日が2週間ぶりの保育園だったし。
目を覚ましておにぎり二つ食べて閉会式のときにようやく笑顔が見れました。
最後は笑顔でよかったということにしよう。

長女は最初から最後までノリノリ。
かけっこでは一緒に走ったお友達が帽子を気にしてスピードを落としたすきにゴール!
お遊戯もリズムに乗って元気いっぱい。
親子競技はパパと手をつないでダッシュ!
最後の閉会式での手話を入れての歌も大きなお口で堂々と歌ってました。

運動会の後のピアノとプールもこなして
体力ついたんだなあと実感。
そして来年はもう年長さんなんだ~と思うと
楽しみでもあり、寂しくもあり。

かくて今年の運動会も無事終了。
子どものとき運動会はあまり好きじゃなかったけど
自分の子どもの運動会って楽しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

退院しました! [小児喘息]

次女は昨日ようやく退院できました!

月曜日の朝に酸素がはずれ、
昼には点滴もはずれて、
火曜には退院できるかと思ったのですが、
接近中の台風によって、喘息は悪くなることもあるとのことで、
念のためもう1日様子をみて、
晴れて水曜日に退院できました。

結局9日間も入院しちゃいました。

ずっとわたしの携帯に入っているビデオで
パパとおねえちゃんをみていて、
火曜にはおねえちゃんがいいとまでつぶやいていた次女。
退院して保育園から姉が帰ってくると大喜びで、
ふたり並んでわたしがお土産に持って帰ってきたクッキーを食べていました。

次女にわたしがつきっきりでさみしい思いをしていた長女も、
帰ってくると、すぐに次女のところにいき、
やさしく声をかけてあげていました。
さみしかっただろうに、ほんと、よく我慢してくれた。

実家からわざわざきてくれていた母も無事帰宅し、
日常が戻りつつあります。

健康でいてくれることのありがたさをかみしめて、
今日も会社にきている母です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

回復の兆し [小児喘息]

入院4日目の夜から5日目の朝にかけてはなかなか眠れなくて
次女は眠りか浅くてずっとしんどそうにぐずぐず。

それに付き合う私もヘロヘロ。
寝不足やストレスのときに現れる左の偏頭痛が出てきて
愚図る次女に怒ったりしてもう最悪。
自分でも休まなあかんわ、と思い
バアバがきてくれたらすぐ家に帰らせてもらった。

この日の夕御飯を作ると言っていたので
家に着いたらまず料理。
炊き込みご飯でおにぎり作って、ロール白菜、かぼちゃの甘煮、ひじき炒めを夕御飯に
それと翌朝のお味噌汁を作って
洗濯して病室に持っていく荷物を用意したらもう14時。
15時にタクシーを保育園にきてもらえるよう手配して
30分だけ横になる。
まだ偏頭痛は残っているけど大分ましになった。

長女を迎えにいってそのままタクシーで病室に戻る。
次女はかなり愚図っていたけど2時間ほど昼寝したそうで
私たちが着いたときはすっきりした顔で起きてきた。

長女に買ってあげたおやつのアイスと
次女用にでてきたおやつのフレンチトーストを食べて
機嫌よくおしゃべりを始めた。
私が持ってきた絵本を読んで
長女と一緒にお絵かきして、
ちょっとの間は元気だったけどまたすぐぐずぐずに。

長女がお弁当食べたいと言って、炊き込みご飯おにぎりを食べ始めると
次女も食べたいと言って小さいおにぎりを1つペロリと食べてしまった。
長女が2つ目のおにぎりを食べ始めると次女も2つ目を食べたいと言う。
今まで全然食欲なかったんだけど
やっぱりみんなと一緒に食べると美味しいのね。

さすがに2個目は半分以上残したけど、
かぼちゃもひじきもお肉もパクパク食べてくれて
食べていたら機嫌も良くなって
頑張ってお弁当作ってきた甲斐があったと嬉しくなった。
さらに病院のご飯がきたらエビのタルタルとナスの煮物をしっかり食べてくれて
食欲がでてきたってことは回復してきてるってことかな?

夜も何回か目を覚ましたけど血中酸素濃度が97くらいまで上がり
大分楽そうに見えました。
結構寝てくれたのでわたしの偏頭痛もあまり気にならないくらいまで治ってきています。

朝の回診ではまだまだゼイゼイはあるけど
酸素濃度が上がってきているということで酸素の量を減らしてくれました。

朝ごはんは初めて完食。
かなり回復してきています。
このまま良くなってくれますように!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

入院生活 [小児喘息]

今回の入院は前回使った4人部屋がなくなっていて
大部屋か個室のどちらかということだったので
個室にしました。
さすがに1泊2万円はやり過ぎと思い安い方の個室を頼んだら
空きがなかったので部屋があくまで高い方の個室が使えることになりました。

部屋にユニットバス、トイレ、冷蔵庫、ソファーベッドまでついていて、
付き添いのストレスはかなり緩和されます。
特に朝方次女が寝ている間バスタブにお湯を溜めてお湯につかれるのが有難い。安い方の個室が空く前に退院できればいいんだけど。

入院2日目、午前中たっぷり寝てその後割りと機嫌よく過ごしていた次女ですが
遊び道具が絵本数冊と折り紙しかない退屈さにストレスは溜まり気味。
夜中は呼吸が浅くなるためしんどさ倍増みたいで
何度も泣いて暴れていました。
血中酸素濃度は85~89くらいまで下がり
3日目から酸素に加えアスプールと言う吸入薬を
吸い続けることになりました。
この薬は心臓がバクバクしたり不整脈がでる副作用があるそうで
心電図のモニターをつけながら使用するとのこと。
点滴、酸素濃度のモニター、酸素+アスプールの出るチューブに加えお腹に心電図モニターまでつけられ
ちょっと動くと線が絡まり、
それが嫌で嫌で堪らない次女。
可哀想だけどどうすることもできないばかりか
この日の午後はどうしても一度会社に行かないといけなくて
バアバにバトンタッチした後後ろ髪を引かれる思いで病室を後にした。

一番しんどい時にそばにいてあげられないのが辛くて
涙をこらえながら会社に入った。
同僚は皆心配してくれていて
私が休んでいる分仕事の負担が増えている後輩も
快く私からの引き継ぎを受けてくれて
ほんとに有難い限り。
次女が元気になったら皆にお礼をしなければ。

夕方急いで病室に戻ると次女はおやつで機嫌よくしていてほっとした。
バアバは一旦家に帰り長女を迎えにいって
また病院に連れてきてくれた。
もうしんどいだろうし、病院くるの明日にしたら?と長女に電話で話すと
でも、ママに会いたいもん、と涙声。
やっぱり淋しかったのね。
ごめんね、淋しいならきていいよ、と言うとほっとした様子。
元気に病院にきてくれたけど次女と遊ぼうとはしませんでした。
ママを独占されてほんとは嫌なのに一生懸命我慢しているんだろうなあ。
退院まではもうしばらくかかりそうです。

保育園のママ友たちからは
長女のお迎え間に合わないときは預かるから言ってね!と
有難いメールをもらいました。
土曜日には実家の母も北海道から飛行機で駆けつけてきてくれます。
水曜に旅行から帰ってきたばかりのバアバも土曜日の朝まで泊まり込みできてくれています。
沢山の人に助けられての入院生活。
次女も小さい体で一生懸命頑張っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

二度目の入院 [小児喘息]

25日に熱を出してから数日間、
午後になると熱が上がり激しい咳に苦しんでいた次女。

朝晩2回のパルミコート吸入、
夜のホクナリンテープ、

朝昼晩の抗生物質と咳、鼻水止めのシロップ服用と
発作が出たときのベネトリン吸入。
家でできる最大限の治療をしていたと思うんだけど、
昼寝中や夜中の発作はひどくって、
28日ベネトリン吸入をしても血中酸素濃度が上がらないため
再び総合病院で診察を受けることに。

診察の結果はやはり入院やね、とのこと。
血中酸素濃度は午前中よりさらに下がっていて、
レントゲン撮ると肺炎まで起こしていた。
元気そうにしてたんだけど、
この状態じゃかなりしんどいはずよと言われ、
午前中病院行く前にスタバにコーヒー豆買いにつきあわせたりしてたことを後悔。

採血と点滴で大泣きして寝てしまった次女は
肩も胸もお腹も使って一生懸命呼吸をしていて痛々しい。
ここで吸入しても血中酸素濃度が上がらないので
病室では酸素を吸い続けることになった。

寝ている隙に保育園に電話をして長女のお迎えが18時過ぎることを伝えた。
パパに定時退社し病院に駆けつけてもらい
バトンタッチしてわたしはタクシーで長女をお迎えに行き
大量の入院用の荷物を持ってタクシーで病院に戻る。
長女は私が荷物の準備してる時、
次女の好きな絵本を集めてカバンに入れ
次女にプレゼントする塗り絵まで用意していた。
「またパパとお留守番かあ~」
と言う口調に悲壮感はなく
たくましいお姉ちゃんぶりが心強い。

次女はパパに絵本を読んでもらいご機嫌にしていたけど
パパと長女が帰ってしまうとすぐに寝てしまった。

夜中はやはり咳こんだり息苦しかったみたいで眠りが浅かったのか
いつも6時半に目を覚ます次女なのに
8時近くまで目を覚まさなかった。

酸素と点滴に繋がれてベッドから動けないのが辛いみたいで
時々すごい大泣きをしてる次女。
パパと二人で淋しいのを我慢して頑張っている長女。二人ともこんなに頑張っているんだから
私も付き添いしんどいなんて言ってられません。

早く元気になあれ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
> 人気ブログランキング