So-net無料ブログ作成

一人でお泊まりから帰宅 [子どもの成長]

日曜日から一人でお泊まりしていた長女。
水曜日に元気に帰ってきました。

予定通り3泊してきて
「ママがいなくて寂しくなかった?」
と聞いても
「寂しくなかった!」

生まれて初めて回転寿司に連れて行ってもらったこと、
プールに連れて行ってもらって潜る練習したのが楽しかったようです。

これなら来年のお泊まり保育は楽勝かな。
帰ってきてからの言動もなんだかお姉ちゃんになった感じで
また一回り成長したなと思うお泊まり体験でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

一人でお泊まり [子どもの成長]

日曜日。
私が仕事だったのでパパが二人を連れてジイジバアバの家に行きました。

帰りはパパと次女の二人だけ。
長女は初めて親元離れてのお泊まりに挑戦です。

一人でお泊まりしたいと言い出したのは長女で
しかも1泊ではなく水曜日まで3泊するとのこと。
水曜日は平日でお迎え行けないからバアバと一緒に帰ってきてね、
寂しくなったら早く帰ってきていいからね、
と言っていたんだけど
パパと次女が帰るときは
あっさりしたものだったそうです。

夜電話をもらったけど全然平気そうで
いつの間にこんなに逞しくなったんだろうと感心しちゃいました。

次女も大好きなお姉ちゃんがいなくて寂しがるかと思いきや
こちらも全くへっちゃらな様子。

さて、今晩はどうかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

海の日 [子どもとおでかけ]

海の日の3連休、パパが土日仕事だったので、
唯一家族が揃うのは海の日の祝日だけでした。
何する?
家族会議の結果、海の日はやっぱり海でしょ!ということで、
我が家の恒例・舞子の海に海水浴に行くことに。

前の日、はりきって浮き輪だの、空気入れだの、てにつける浮き輪だの
買いこんできたパパですが、
当日の朝は雨模様。
さすが雨男。

本当は朝イチで行くつもりだったんだけど、それはあきらめて、
雨があがってから、よし行くか!と9時頃家を出ました。

曇りだったせいか、結構涼しくて、
海の水も冷たく、
わたしは足だけ入れて、もうギブアップ(><)

次女は、舞子についてすぐに「しーしー」とアピールしたにもかかわらず、
トイレが見つからなくてすぐに連れていってもらえなかったのに気を悪くし、
水着に着替えて海まで行ってもご機嫌ナナメ。
すぐに泣き出して、ギブアップ。

そんな中、果敢に浮き輪と腕輪をつけて泳ぐ長女。
去年まで、波を怖がって全然海に入りたがらなかったのに、
すごい変化です。
さすが、1年がんばってスイミングを続けただけのことはある。
パパも感心していました。

結局、次女はレジャーシートでバナナとパンを食べて笑顔を見せたものの、
そのあとも砂遊びさえしようとせず、
さっさと着替えて自分のプールバッグを持ってうろうろした後
寝てしまいました。
1歳って、まだ海水浴を楽しむ年齢じゃないのよね。きっと。

一番はりきっていたパパは、
パンに夢中の娘たちを尻目に、
かにとってきたり、やどかりとってきたり、
大満足だった様子。

今年は夏休みがお互いないんだけど、
もう一回くらい、海であそべるかな。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

4歳4か月語録 [子どもの成長]

最近大人びた発言が素敵な長女の語録。

保育園の担任の先生より。
この春からアメリカに行ったお友達の話になったとき、長女の一言。
「おかあさんも大変やなぁ。」
大人と会話しているような発言にびっくりして、
どーしても伝えたかったんです!とお迎えのときにわざわざ玄関まで言いに来てくれました。

おうちにて。
トイレトレーニング中の次女。
なかなかトイレでおしっこうんちができません。
トイレでは「ない」といったくせに、お風呂でウンチをしてしまったのをみて
「あ~。。。もう・・・」と脱力したわたしに一言。
「2歳くらいまでにはできるようになるよ。」
そうやね。あせったらあかんね。
長女に育児の基本をおしえられた母でした。

七夕の短冊に。
いろいろ願い事を書いてかざりました。
保育園で書いたものには
「プリキュアの人形がほしい」
とかいていた長女ですが、家に帰って一緒に書いたときには
「ままがおしごとじょうずにできますように」
と書いてくれました。
うれしくて、会社に持っていって、
自分のデスク前にはって同僚に自慢しました。

なかなか楽しい会話ができるようになった4歳4か月です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

風の家 [子どもとおでかけ]

日曜日は、六甲に震災後できた新しい公園「風の郷公園」内の「風の家」であった
ファミリーサポートセンターのイベントに行ってきました。

わたしが学生時代住んでいた頃とは見違えるほどきれいになった六甲道周辺。
風の郷公園も、新しいだけにきれいで広々した公園です。
風の家もログハウス風のいい感じの建物でした。

産後の長女の保育園へのお迎えでお世話になったファミリーサポート。
最近はずっと利用することもなかったのですが、
やはり地域の助け合いの精神でやっている事業だけに、
子育てを応援したいお母さんたちが集まっていて、
子育て世代にはその存在だけでも心強いものです。

子どもたちは、七夕の飾りづくりや紙芝居、絵本よみきかせに手洗い体操と、
かなり楽しんでくれたようす。
特に紙芝居や絵本読み聞かせは、
わたしがそばにいなくても、正面のよく見えるところにすわって、
くいいるように見ていました。

最後はお茶とお菓子でのおしゃべりタイムがあって、
さらにお土産にパンを1個づつ配ってくれて、
これで無料なんだから公的機関のイベントはすごいです。

パパいわく、
子どもができて、初めて、税金おさめてきた恩恵を受けてる実感があるよなー
わたしも同感。
ファミリーサポートも、保育園にも、税金が使われていて、
おかげでほんと助かっています。

そして、
子育て通じての出会いにも、
仕事だけでは知り合えなかったお友達ができたりして、
そういう意味でも子育ての恩恵に預かっています。

娘たちに感謝しなければ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
> 人気ブログランキング